3.11の村 その2:ハイジ一家

小学生の頃は学級委員に選ばれるほどきちんとしていたオレですが、いつの頃からかほっとけば時間配分などほとんどしない人になっていました。
いつからこんなになったのだろう…

猫の撮影では、時間をかければかけるほどシャッターチャンスが増えることもあります。
つい目の前のかわいい猫に集中しすぎてしまうのは、猫撮る的にはごくふつうのコトでしょうがないにしても、お昼すぎで3軒…
ドンマイとしかいいようがありません。

 

●ハイジの家

20140311-_1NT1459

2月15日の大雪で、しばらく地面の見えていなかったスロープはきれいに除雪されていました。
「かんじき」が必要ないのは少し寂しいですが、車で上まで登れるのはとても助かります。

あれっ、もう13時だ。

20140311-_DSC3161

ほわわわわぁぁぁぁぁ~、っとハイジがお出迎えしてくれました。
リラックスしすぎやろ。

20140311-_DSC3171

キリッ!
顔だけキリッとしても、しょせんハラ出してるのでかわいいだけです。
気温が3度でも午後の日差しは暖かく、猫も人も心が緩みます。

20140311-_1NT1480

ハイジと遊ぶ、楽しい♪
こんなに人なつっこい子が、人のいない家で暮らしている。
飼い主がいて猫がいる、そんな普通のことが当たり前でなくなってしまっている。
猫と一緒に暮らしたいという、飼い主のほんのささやかな願いさえ叶わない。
それが今の飯舘村。

20140311-_1NT1484

ハラさわりたいw

20140311-_DSC3181

のびーー

20140311-_DSC3187

のびた

20140311-_1NT1492

メシ。

20140311-_1NT1495

ハイジは飼い猫ですが、子どもたちは震災後生まれ。
人を知らずにここまで育ってきました。
人がいる間はお腹がすいていても、警戒心を解いたのをみたことがありません。
この子たちとも、いつか仲良くなりたいな。

20140311-_1NT1499

白1号。猫はメスのほうが度胸が良い傾向にあると聞いたことがありますが、この子は女の子なのかな…遠くて性別確認できず。

20140311-_1NT1519

白2号。シャイ…行きたいけど行けない、行きたいけど行けない…えーんえーん(T_T)という感じのかわいい子。

20140311-_1NT1531

低空飛行で餌場へ向かう。
こんだけ離れてるんだから、おじさん何もできないからスタスタ歩いてもいいよ。
そーっと歩いたって丸見えだしね。

20140311-_1NT1540

到着。ゆっくりお食べなさいな。

20140311-_1NT1552

白2号、遅れてきて先に帰る。

20140311-_1NT1559

入れ替わるように茶トラが登場!かわいい子だね。

20140311-_1NT1583

茶トラも警戒心が強い。
時折こちらに視線を投げながらパクパク。
ごめんね、おじさん君たちの写真を撮るのが仕事だからさ、勘弁してね。
4月からの写真展で、君たちの写真を展示したいんだよ。

20140311-_1NT1585

白1号、ごちそうさま。たくさん食べたね。
子どもたちが食べているあいだ、ハイジはずっと見守っていました。
小柄で自分も子猫みたいなのに、しっかり母親をやっています、えらいね。

20140311-_1NT1654

ハイジ、何かひらめいた!

20140311-_1NT1673

雪解けでドロドロになったところをこちらへ。
トコトコ、ドロドロ。

20140311-_1NT1682

子猫たちがハイジに続こうとやって来たので、僕は子猫写真に集中しましたよ。
ハイジの子どもたちかわいいんだぁ。

20140311-_1NT1688

かあちゃん、何やってんだ×2
ソワソワ×2

20140311-_1NT7232

ふと振り返ると…
今日のレガシィくんは猫にモテモテです、いいなー。

20140311-_1NT7240

茶トラ来た。

20140311-_1NT7243

白1号も来た。シッポ短いのが1号ね。
あっ、タマタマ…男子なんだね。

20140311-_1NT7254

白1号、ご乗車。

20140311-_1NT7247

白2号「・・・」

20140311-_DSC3222

あ、その赤い服…明日の仕事のとき着ようと思ってたのに…ドロドロ足で乗ってるね。
楽しそうだから、まぁいいや。
そうなんです、次の日は撮影の仕事がありましてこの日は宿泊予定。私服のスカジャンなども持参しており社内は散らかり放題…お恥ずかしい。

20140311-_DSC3225

足の裏ドロドロー
ハイジさん、そこにお乗りになりましたかw
お母さんとはいえ、まだきっと若い猫。遊びぶのも好きなんだね。いいよいいよ、ドロドロでも…どうぞ遊んでくださいな。

20140311-_DSC3229

ここにも乗ったのよ。

20140311-_DSC3218

あっ、ここにも乗ったでしょ。

20140311-_DSC3232

知らないわ。

20140311-_DSC3244

社内がたいそう気に入った様子で、オレもうれしいよ。
足あとつけすぎだとは思うけどね。

20140311-_1NT7343

車遊びおわり。
13:37~14:18
40分も車で遊んでいたんだね。

たまには変わった遊びもいいよね。

真冬には見られなかった猫たちの楽しそうな遊び姿に、ついつい時間を忘れてしまいます。

人と暮らしていれば、毎日こんなにかわいい姿を見せてくれたであろう猫たち。
ハイジ一家のいままでで一番楽しそうな姿を見ることができましたが、餌を食べられない日もある厳しい環境に置かれた猫であることを忘れてはいけません。
毎日朝晩ご飯が食べられる、そんな普通のことが当たり前ではない猫たちが、いま僕らと同じ空の下で生きています。
すべては人が作り出したもの。
「今日も生きていてくれてありがとう。ごめんね、また必ず会いに来るから、がんばるんだよ」
という言葉をかけることしかできません。

 

つづく

 

最後までご覧いただきありがとうございました。
またのお付き合いを、よろしくお願いいたします。

猫ブログランキング参加中です。
バナークリックで応援よろしくお願い致しますm(_ _)m
人気ブログランキングへ

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)