おわりの旅(6/10)2:猫たち

2014年6月10日の飯舘村犬猫訪問レポートその2です。

■シャッター内に餌場のあるお宅

地区を移動して、先週ハクビシン(だと思う)がボックスの上に「この餌はオレのもの」と言わんばかりにフンをしていたところへ。
今週はフンなし、よかった。
20140610-_1NT5650

しかし、フードは残りわずでした。
20140610-_1NT5652

雨はまだ降り続いています。
20140610-_1NT5659

猫に会えないお宅は、時間節約のため早く立ち去ろうとフードを補充して車に乗り込むと…
「あ、猫がいる」とIzumiさん

あら、白猫さん。
こんにちは、お初にお目にかかります。
20140610-_1NT5663

目の周りが荒れ気味です。大丈夫かな。
ドライもウェットもおいしいのを置いておいたらか、人が帰ったら速攻で食べに行ってね。
20140610-_1NT5679

 

■石材店のチロ

2回連続チロがお出かけ中で会えなかったので、期待半分で訪れると…
テケテケテケタッタッタッと姿を見せてくれました。

はい、今日も目つきが悪くてかわいいね。
20140610-_2NT4874

餌場にたぬきのものと思われるフンが…
おいおい、お行儀悪いぞ。
掃除した。
20140610-_2NT4875

チロはご飯が用意できるまで、Izumiさんの後をついてまわったり、僕の後をついてまわったり。
実にかわいいこです。
立ち食いチロ。
20140610-_2NT4891

よく見かける茶トラ選手も顔を見せてくれました。
なつっこくないから、遠くからジローーーーッとメシィィィィィィーと熱視線を送ってきます。
20140610-_1NT5693

はい、どうぞ。
ちょっとうれしそうな顔になったね。
人に寄ってくることはないけれど、人の運ぶご飯を楽しみに待っていてくれる。待っていてくれることが、とてもうれしい。
20140610-_1NT5696

チロたくさん食べてる。
20140610-_2NT4899

チロは口が悪いみたいです。口内炎だろうと思います。
口内炎が酷いと、お腹が空いていても痛くて思うように食べられなくなってしまうので、本当にかわいそう…
20140610-_2NT4914

 

まだ、この地区で回るお宅がありましたが、ちょっとトイレに寄りたくなって役場へ急行。
役場に来たので、訪問予定先で一軒だけ離れた場所にある小夜ちゃんの家に先に行くことにしました。

 

■牛舎の小夜ちゃん

今日はスロープ方面から登場の巻
20140610-_2NT4934

オレ銀号によって設置されたカラスよけネットの効果か、餌は残っていました。
しかし、その後の日比さんのレポートによればカラス以外の野生動物が入り込んでいる形跡ありとのこと…
きっとハクビシンだ。ハクビシンを防ぐ手立てはいまのところありません。
20140610-_2NT4936

メシィィィィィィー
20140610-_2NT4943

ウェットフードを待ちきれずに、カリカリポリポリ。
20140610-_2NT4968

表に出てみると、静かに座り込む茶白選手を発見
20140610-_1NT5708

そして、先週も覗きこんでいたキジ白さん
日比さんのブログでも、この穴から中を覗き込む姿が紹介されていました。
20140610-_1NT5716

待ちくたびれた…
20140610-_1NT5731

お待たせー
20140610-_1NT5739

どうぞお食べくださいませ
20140610-_1NT5746

黒猫もきた、小夜ちゃんの子どもという噂です。
20140610-_1NT5769

小夜ちゃーーーん
お腹をなでてもらうのが好きな子です。
住人の避難前はどんなふうに飼い主さんと過ごしていたのだろうか。
なつっこい猫と会うと、猫を置いていかなければならなかった飼い主さんの気持ちも考えてしまいます。
帰宅の度に苦しい思いをしている人もいるはずです。
「動物がかわいそう」で思考を停止してよい問題ではありません。
20140610-_2NT4979

ゴロ~ンゴロ~ン
放射能が降り注がず人の営みがあるままだったら、これはとても幸せな光景だったのに…
今の状況をなかったことにすることは残念ながらできません。
今の状況のなかで犬猫と飼い主さんにとって、より良き道はなんなのかを自分なりにこれからも模索していきたいと思います。
20140610-_2NT5024

「ごちそうさんでした、また来てね」
「はい、また来るよ必ず」
20140610-_2NT5018

 

■葉たばこ組合

ドライフードは半分くらい残っていました。
20140610-_2NT5036

ウェットフードを置いておきまーす
20140610-_2NT5047

で、ふと辺りを見回すと…猫がいた。
息を潜めてこちらをジィィィーッと見てました。
まぁ、気の強そうな顔ですこと。
人が帰ったら食べよね。
20140610-_2NT5045

先週はサビ猫を見ました。
日比さんのブログにはキジ白も登場しています。
ここの餌場も確実に何匹かの猫の命をつないでいます。
僕らはこの餌場に来るようになってまだ日が浅いですが、
僕らがここを知るずっと前から、
世界の片隅の見ようとしなければ見えないような小さな小さな命を守ろうと、餌場をつくり餌を運び続けてきた人がいることが奇跡のように感じられます。
もちろん、それを許した家主さんの存在も忘れてはいけません。

 

■サロン

ドライフードの残りはわずかでした。
20140610-_2NT5049

キジトラ玉男きた!
悠然と人の横を通り過ぎ、爪とぎでもある発泡スチロール製指定席へ。
20140610-_2NT5050

人がご飯を追加しているのに、人には目もくれないふてぶてしさ
そのくせ待っていやがる
おかしな距離感をもった子です。
20140610-_2NT5053

カメラ目線いただきました。
ドライもウェットも旨いのを置いたから、しっかり食べるんだよ。
20140610-_2NT5062

 

■工務店

ダイク待ってた!
20140610-_2NT5069

まだウェットの用意ができていないのに、待ちきれずにフードボウルがいつも置いてある場所をのぞきにきた。
まだご飯置いていないの見てたよね~w
20140610-_2NT5078

近づくと、待避。
20140610-_2NT5087

爪とぎらしきもの
20140610-_2NT5097

ドライフードの残りはわずか
20140610-_2NT5099

なつっこくない、何度か見たことのあるキジトラさんも久しぶりに顔を見せてくれました。
20140610-_1NT5776

あくびかわいい
20140610-_1NT5786

あくび後かわいい
20140610-_1NT5787

そして、この近くのお宅に給餌ボックスの設置に来ていた日比さんが、僕らの居場所を予想して来てくれました。
だいたいこの辺りを回っているとは伝えていたものの、一発ビンゴだったそうです。
すごいなー
そして、最近発見された子猫のいるお宅の場所などを教えてくれました。
[撮影:Izumiさん]
20140614-DSCF3544

 

顔見知りの猫たちに会っているうちに、心は晴れないものの目の前の命に意識が移っていくのを感じました。
やはり、僕の心情などへのかっぱ。
猫たちは生きています。
すぐに大きく状況を変えられなくても、まずやらなければならないのは生きている命に向き合うこと。
人は彼らを過酷な状況に追い込みました。
僕がここに来るのは償いのため。

そして、僕には日比さんというそれを実践している大先輩がいます。
心折れずに進まなければ。
これからも度々折れそうになると思うけど…

なんて、ちょっとかっこいいこと書きすぎですね(笑)

 

つづく

 

最後までご覧いただきありがとうございました。
またのお付き合いを、よろしくお願いいたします。

猫ブログランキング参加中です。
バナークリックで応援よろしくお願い致しますm(_ _)m
人気ブログランキングへ

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)