ここにいる その2:うたちゃん

4月3日の飯舘村犬猫訪問レポートその2です。

 

■6軒目 飯樋のBOX宅

このお宅も久しぶりの訪問。前に来た時にはサバ白と長毛の黒猫を見ました。

20140403-_2NT8644

納屋の中に猫の餌場があります。
野生動物に餌が食べられれないようにとの、飼い主の愛情が感じられます。
しかし、猫と同サイズか小さいハクビシンが侵入しているとのこと、餌の補充は欠かすことができません。

20140403-_2NT8640

給餌台の餌は1/3程度残っていました。

20140403-_2NT8643

猫の姿はなかったものの、猫が寄り付いているのは間違いないのでウェットも用意。
缶詰をカンカン鳴らした音に気がついて、すぐに食べに来てくれるといいのですが…

 

■7軒目 工務店

このお宅にも給餌台があります。

20140403-_2NT8650

こちらも餌は1/3程度残っていました。

20140403-_2NT8651

カラスの進入を防ぐためにネットが張られています。
ボランティアが猫のことを想い工夫を重ねています。

20140403-_1NT9766

「ごはーん、ごはーん」とひとり叫んでいると…猫の姿が見えないと、叫ぶことが多くなりますね…
何度か会ったことのあるキジトラが姿を見せてくれましたよ。
全然なつっこくなくて、「やったー!メシだぁぁぁ」とうれしそうに駆け寄ってきたりは絶対にしないのですが、なんとなく自分の存在をアピールするので見落とさずにすみましたよ。
人が来た時くらいはカリカリじゃないのも食べたいよね。

 

■8軒目 石材店

20140403-_2NT8657

チロです。目つき悪いですw
でも人なつっこいです。

20140403-_2NT8673

給餌台のドライフードはたくさん残っていましたので、うまうまウェットを用意しましたよ。

20140403-_DSC6149

なつっこくないキジトラさんもそぉーっとこちらの様子をうかがっていました。
「ここにいるよ」とヒソヒソ声で言われているようで、下手をしたら見落としてしまいますねん。
そんなに控えめにアピールするなよw わかりにくいワイ。
きみの分もうまうまウェットを置いておいたから、後で食べてくださいね。

20140403-_1NT9795

チロです。食後です。目つき悪いですw

 

■9軒目 アプローチ最長の家

日比さんによれば10匹くらいは猫がいるはずのお宅。
訪問回数の少ない僕は、まだ猫にお目にかかっていません。
「餌を置いたら遠くで猫が出てくるのを待って写真を撮っているんだよ」という日比さん作戦を実行することにしましたよ。

20140403-_1NT9800

と思ったら、車の音を聞きつけて日比さんがテイサツ役と呼ぶ茶トラが姿を見せてくれました!
そぉーっと出てくるのですが、「ここにいるよー」という心の叫びが伝わってきます。

まだ子猫の面影が…
人を知らずに育ったこの子も、かわいい体とは不釣合いな鋭い目つきです。
猫語が話せたら「お兄さんは…いいえ、おじさんはきみたちのことが好きだから仲良くしようよ」と伝えたいです。
とりあえず日本語で伝えてみましたが、伝わりませんでした。

20140403-_1NT9829

こんなにかわいい三毛も!
ずんぐり感が外猫しじみっぽくてかわいいのです。

20140403-_1NT9820

ほかの三毛も出てきました!さっきの三毛と顔つきが似てるね。
僕はだいぶ離れた位置にいるのですが、警戒して狭いところを通って餌を食べに出てきます。
そんなに怖がらなくてもいいのに…
人に心を許していないけれど、この子たちもまた人の運ぶご飯を頼りに生きている命。

20140403-_1NT9849

雨が強くなってきました。

 

■10軒目 サロン

20140403-_2NT8690

このお宅にも給餌台があります。ここも一時はカラスが餌を食べ尽くしてしまう被害が出たためにボランティアがカラスよけを設置しました。

20140403-_2NT8676

ドライフードは残りわずでした。来てよかった。

20140403-_2NT8689

猫の姿は見えなかったものの、ウェットも置いてきました。
人気の焼かつおをトッピングしたから食べてくださいね。

 

■11軒目 葉たばこ

20140403-_2NT8704

建物の中に猫の給餌台が設置されています。
いまは居つき猫ばかりと聞ききましたが、家人の好意でこの場所に餌場をつくることができたそうです。
前回は道がわからずたどりつけなかった場所、はじめての訪問でした。

20140403-_2NT8698

ドライフードはだいぶ減っていました。
猫の姿はありませんでしたが、ここの餌を頼りに生きている猫がいるのは間違いありません。

20140403-_2NT8702

ドライ、ウェットともに補充してきました。

 

■12軒目

その背中は誰だー?

20140403-_2NT8705

うたちゃんでーす!

うたちゃんの家は帰宅頻度が高めなので、この日は訪問予定はなかったのですが家の前を通りかかったら車が停まっていたので、家人が帰宅中かなと思い寄ってみました。

20140403-_2NT8709

お父さんとお母さんが帰宅中で、うたちゃんご機嫌でした。
お母さんにスリスリ。

20140403-_2NT8717

お父さんにもスリスリ

ついでに僕にもスリスリw

うたちゃんの子どもを保護したご縁で、お父さんお母さんとは仲良くさせていただいています。
久しぶりにお会いしたのでしばらくお話をしていましたが、その間うたちゃんはお父さんお母さんにスリスリ
うたちゃんは5~6歳くらいで、近所の方が近くで拾ったのをこのお宅で引き取ったそうです。
「誰にでもなつっこい、いい猫だー」とお父さん。
しばしの間、かつてここに当たり前にあった幸せが戻ったような時間をともに過ごさせていただきました。
お母さん手作りの炊き込みご飯までいただいてしまいました。
ごちそうさまでした。

うたちゃんの家でも、もうすぐ除染がはじまる予定だそうです。

 

つづく

 

■写真展のお知らせ

『Call My Name 原発被災地を生きる犬猫たち』

会期|2014年 4月23日(水)~6月8日(日)
※会期が延長になりました。
@ ギャラリー・エフ 浅草[HP
東京都台東区雷門 2-19-18 [地図
12:00~19:00(最終日は17:00まで)|火曜休
※4月29日はギャラリーとカフェのみ営業
入場無料(犬か猫のフード1品をお持ち寄りください[任意])
※フードのお持ちよりは任意です。フードをお持ち寄りいただかなくても展示はご覧になれます。
村の犬猫にあの子にこれを食べさせてあげたい、そんな気持ちをお持ちいただけましたら、ぜひフードをお持ち寄りください。
自分の犬猫とかわらない存在として、彼らを想っていただけたらうれしく思います。
※フードは飯舘村の犬猫に届けさせていただきます。
写真展詳細@ギャラリー・エフHP
フードについて・ウマいメシお品書き

▼猫撮るブログ内のお知らせ記事もよろしければご覧ください。
写真展『Call My Name 原発被災地を生きる犬猫たち』@東京・浅草(4/23~5/26)

20140325-_2NT7956

 

最後までご覧いただきありがとうございました。
またのお付き合いを、よろしくお願いいたします。

猫ブログランキング参加中です。
バナークリックで応援よろしくお願い致しますm(_ _)m
人気ブログランキングへ

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)