なんとなく(6/24)4:猫を拾う

6月24日の飯舘村犬猫訪問レポートその4完結編です。

■タロウとポンちゃんと仲間たち

スリスリゴロゴロ
「1週あいたから忘れられてるかな」というIzumiさんの心配もなんのそののなつきぶり(笑)
そう簡単には忘れないよね。
20140624-_2NT6146

いつも真顔のポンちゃんです。
「あたしもあなたたちのこと覚えてるわよ」と思っていてくれたら、うれしいですね。
20140624-_2NT6158

「おれもーおれもー」
わかってるよ(笑)
20140624-_2NT6162

「さんぽーさんぽー」
わかってるよ(笑)
20140624-_2NT6167

ハァハァハァハァハァハァハァハァ
落ち着けよ(笑)
といっても落ち着かないよね。たまの楽しみだもんね。
きみが人への警戒を減らしてくれたから、きみと散歩にいける人が増えたよね。
「番犬」としての役割を持っているから、本当はいいことじゃないのかもしれないけれど、この状況で生きるためには必要な変化だと思うよ。
きみをこんな状況に追い込んだのは人だから、誰もきみに文句なんて言えないよね。
20140624-_2NT6173

でもね、ちょっとうるさいゼ(笑)

夕日を浴びてシッコ
20140624-_DSC0057

草むらに突入するのがタロウ流らしいです…わざわざ歩きにくいところを…楽しいならいいけど。
20140624-_DSC0061

意外と暴走しないおりこうさん
20140624-_DSC0083

最近、不覚にもおっさん犬をかわいいと思ってしまうことがあります(笑)
20140624-_DSC0105

帰ってきたら、お礼に顔をなめてくれます…正直申し上げて、それは迷惑です(笑)
20140624-_DSC0152

おじさん疲れたけど、タロウがうれしそうだから疲れも吹っ飛ぶよ…おおむねウソ、歳には勝てません(笑)
しかし、まだしばらくは「運動不足ですね、ははは」とウソをつくつもりです。
20140624-_DSC0162

夏のような雲が
20140624-_1NT6367

やっと猫の写真が撮れた…でももう暗いからこれだけ。
ご飯を食べ終わって、思い思いに夕方のパトロールかな。こうして、食べたらそっけなくしてくれるとこの場を立ち去りやすくて助かります。
20140624-_1NT6378

 

■小さくらちゃん

先週、庭に置かれていた放射性廃棄物の入ったフレコンバッグは、どこかに運びだされていました。
しかし、終わったのは住居周辺の森林除染。
住居の除染はこれからです。まだしばらく騒々しい時間が続きます。
かわいい顔して意外と主張が強いタイプだよね、がんばって生き抜くんだよ。
20140624-_2NT6202

 

■ゴンの納屋

先週、子猫を発見したお宅。その後、「犬班A。」さんとちーむぼんぼん「たこちゃん」「もるちゃん」が母猫と子猫6匹を保護してくれました。
もしかしたら、他に猫が寄ってきているかもしれないと一応置き餌を続けています。
20140624-_2NT6224

もうすっかり夜
20140624-_DSC0199

 

■たまふさひげあかの家

クラクションを鳴らすと「たま」が来た。
この子は夜に会うととても危険です…かわいくてなつっこくて帰れなくなります。車の後を追ってくることもあります。
たった一匹の猫の望みも叶えてあげる力が僕にはありません。
20140624-_2NT6231

お気に入りの「ひげ」ちゃん
なつっこくないから、遠くから僕らのことを見つめています。
いや、食いしん坊だから遠くからご飯を準備しているのを見つめています。
みてろ、いつか仲良くなってやるからな。
20140624-_2NT6246

Izumiさんが持ってきた新兵器LEDランタン
よい感じの光です!
20140624-_2NT6256

たまかわいいね。
少しだけ抱っこして撫でてあげるくらいしかできません。ごめんね。
まだ次があるのでバイバイ、またね。
20140624-_2NT6268

 

■蔵らの丘

いよいよ最後のお宅です。
最近はここにくるのはいつも夜だな。17時までは除染作業をやっているので、その後の時間を狙ってルートの最後にこの地区を回ることにしています。

通りから農道に入ってしばらく走ると、ヘッドライトの光の中にちょろちょろ忙しく動く小さな動物の姿が…

う、うりぼー

猫より小さいです、かわいいです。
しばらく車のヘッドライト照らしながら撮影をしていました。だって、脇によけてくれないんだもん。
「うりぼーがいるってことは、お母さんが近くにいるんじゃない」と車に体当りされることを恐れるIzumiさん。
うん、たしかにいるかもしれないね…体当たりか、そりゃ困る。
20140624-_1NT6407

車を動かしながら撮影したのでブレブレですが、かわいいね。
今の飯舘村は、野生動物にとって生きやすいのだろうか生きにくいのだろうか…僕にはよくわかりません。
しかし、人による除染という名の更なる自然破壊が進む場所に、野生動物たちの世界も在り続けているのは事実。
この世界は人だけのものではない、そんな当たり前のことを改めて思います。
20140624-_1NT6430

真っ暗…こわいよー
20140624-_2NT6273

2週続けて猫に会っているので、餌の補充にも力が入ります…いや、いつもとやってることは同じだけどね。
20140624-_2NT6282

敷地にフレコンバッグ
除染の効果がどの程度なのかはっきりしないまま、しかし除染は確実に進められています。
「除染をしました」という単なるアリバイとならないことを祈ります。
20140624-_2NT6291

この日も、ヘッドライトを消して闇に溶け込んで猫の登場を待ちましたが、残念ながら三毛ちゃんも黒白くんも姿を見せず。
雨が降り出してきたので村を出ることに@21:00

 

普段はここでおつかれさまーと終わるのですが、この日は続きがあります。

あ、でもその前に疲れたし寝不足なので、高速に乗って最初のパーキングエリアで仮眠をとります。
磐越自動車道の「阿武隈高原パーキングエリア」です。

そう、僕らはこの日もなんとなく工事による通行止めがあるかもしれないという情報を知りながらも、磐越自動車道から常磐自動車を通るルートを帰路に選びました。
「東北道に比べて常磐道の方が、トラックが少ないし空いているから」というのが僕の理由です。理由は一応ありますが、なんとなくこっちから帰りたかっただけ。

90分の仮眠をとり、残り230kmの道程を浅草へ向けて出発。

気を取り直してそこから1時間ほど走ると猫撮る先輩が
「あーこの単調な作業(運転)に飽きたーー」と唸り、
予定外のPA休憩。”
『浅草銀次親分日記 旅のつづき 7:つづき』
 by Izumiさん より一部抜粋

たしかに言った記憶が蘇りました。
あともう少し進めばいつもご飯を食べるサービスエリアでしたが、なんだか体がムズムズしてどうしても車を停めたくなったのです。

で、少し休憩して再出発…

キラーン!
闇に浮かぶ二つのちびっこい目

「えっ???」
2人で目を疑いました、すぐに信じたけど。

パーキングエリアから高速本線に合流する側道に佇む猫を発見。
お行儀よく座っとる。

「あーもう、なんで猫がいるんだよ、こんなところに」

猫の先で車を停めて急いで降りると、
タッタッタッ
とすでに猫さんは僕に向かって駆け寄ってきていました。
で、足元までやってきたので、なんなく捕まえたよ拾っちゃったよ。@2:10

まるで、僕らのことを待っていたかのようだね(笑)
きっと待っていたんだね。

こいつです。
20140625-_2NT6292

「とおみ」とIzumiさんが名づけ、ギャラリー・エフで保護することに。
問題がなければ里親さんを探すことになりました。
拾った時は家に連れて帰ろうと思っていたのですが、相談しているうちになんとなくIzumiさん預りにしたほうがいいような気がして、本当になんとなくですよ。
だいたい僕は一度思ったら変わらないタイプなんですけど、なんとなく心変わり。

で、浅草に戻り、必要なもろもろを夜中もやってるお店で購入。
そして、蔵に「とおみ」の棲家を設置
20140625-_2NT6303

たまたまつきの若い男だよ。
とてもなつっこいよ。
車を降りた時に駆け寄ってきた姿に、飯舘村のうたちゃんが重なって…「うう、なんてかわいいかわいいなつっこい子なの、自分で飼いたいくらいだよ」と思ったのはナイショです。
20140625-_2NT6297

はぁ、疲れた…@5:00

で、この日はおしまい。

おつかれさまでした。

 

がっ、まだつづきがありますよ。

里子に出す予定がかわりまして、こういうことにしましたとIzumiさんから連絡が(笑)
20140627-_2NT6374

はいはい、無理に里子に出す必要はないと思います。
ギャラリー・エフやIzumiさんが受け入れてくれるなら、その方がいいと思います。

名前も「すずのすけ」になりました。
銀次親分の後を継ぐ看板猫なので、金属のほうの「錫(すず)」ね。
まだ、看板猫決定ではないようですが、すずのすけはすっかり看板猫らしく振舞っているようですよ(笑)
Izumiさんいわく、「銀次親分に全部習ってきたとしか思えない」というくらいに、カフェでも蔵でも堂々とマイペースに動じずに過ごしているそうです。

よかったね、すず。
ギャラリー・エフのみなさま、すずをよろしくお願い致します。
なんとなく、みんなを幸せにしてくれそうなところにすずは落ち着いた気がします。
20140627-_2NT6375

20140627-_2NT6378

すずの最新情報は、最近すっかり猫ブログっぽくなったIzumiさんのブログにてご覧いただけますよ。

こちら→浅草・銀次親分日記

 

[おわり]

 

■お知らせ

上村雄高写真展『Call My Name 原発被災地を生きる犬猫たち』のポストカードのネット販売をはじめました。
飯舘村で撮影した犬猫たちのポストカードです。
7枚セットが2種類、各1000円です。
ポストカードは写真展の会場だった「ギャラリー・エフ浅草」と私のネットショップ「猫撮る商店」のみでの扱いです。
よろしければご利用ください。

>>猫撮る商店はこちらよりどうぞ

postcard_set_a

 

最後までご覧いただきありがとうございました。
またのお付き合いを、よろしくお願いいたします。

猫ブログランキング参加中です。
バナークリックで応援よろしくお願い致しますm(_ _)m
人気ブログランキングへ

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)