重たい気持ち(6/3)3:置いていく

2014年6月3日の飯舘村犬猫訪問レポートその3です。

レポートの続きをはじめる前に、6月8日(日)に写真展「Call My Name 原発被災地を生きる犬猫たち」を無事に終えることができました。
42日の期間中、たくさんの方にご来場いただき、村の犬猫へのフードをたくさんお持ち寄りいただき、心より感謝いたします。
会場のギャラリー・エフのみなさま、チーム銀次のみなさま、家人、家猫、もちろん村の犬猫や飼い主さんのお力添えなくして今回の写真展は世にでることはありませんでした。
本当にありがとうございました。
写真展を終えての思いなどは、また別の機会に記したいと思います。

 

■サロン

20140603-_1NT5068

こんにちは、茶トラさん

20140603-_1NT5073

スッカラカーーーン
ここはドライフードの減るスピードが速いと聞きました。
おそらく猫以外の動物もきているのだろうと思います。

20140603-_1NT5072

お花さんたち、かわいいね。

20140603-_1NT5087

「花とか撮ってないで、とっととメシ準備しなさいよ」
すまん

20140603-_1NT5096

「メシまだか?」
触ることはできませんが、エサを準備するすぐ近くでこの態度…偉そうですね。

20140603-_1NT5103

「おっ、山盛りにしたな」
「ふてぶてしいゼ、きみ」

20140603-_1NT5110

カリカリ派

20140603-_1NT5112

茶トラ選手もカリカリを見つめていたけど、キジトラ先輩が食べているのでウェットに。
ウェットもおいしいよ!

20140603-_1NT5117

29度、暑い。

 

■牛舎のボックス

小夜ちゃーーーん

20140603-_2NT4546

メシィィィィー

20140603-_2NT4552

ウマウマ

20140603-_2NT4563

前の週ここを立ち去ろうと車を動かすと、カラスが速攻でエサを食べにきていたのを目撃して、2日後に村に入るオレ銀号チームにカラスよけネットの設置をお願いしました。
豆川さん、まどかさん、そして仕事道具まで持ち込んで画家の山田さんがバチバチととめてネットを張ってくれました。
ここに住む猫への想いが伝わってきて、ささくれ立つ心が暖かくなりました。
ひとつひとつは小さな小さなことかもしれませんが、ひとつひとつの優しさが積もればきっと世界はもっと優しくなると思います。そう信じています。

20140603-_2NT4560

ネットを内側からも撮影しようとしたら…

キジ白さんがジィィィィーーー、ゴクリッ

あ、ごめんごめん。
写真撮ったらすぐあっち行くよ。

20140603-_2NT4575

オレ銀号が残した家主さんあてのメモに、家主さんからのメッセージが。
「いつもご支援ありがとうございます。助かります」

20140603-_2NT4589

小夜ちゃん抱っこされてます
喜んでいるのは、もちろん人ですけどね 笑

20140603-_2NT4623

食べて撫でられて抱っこされて、少しだけ満足…していてくれたらいいな。

また来るからね。

 

役場にてお昼休憩
日比さんと村民のSさんにお会いする
Sさんは村に入る動物ボランティアに大きな力を貸してくれている方です。
いつかお会いしたいと思っていましたが、思いがけずお会いできてうれしかったです。

 

■まがりとふさのお宅

先日のオレ銀号レポートで、お父さん帰宅時のまがりとふさのなつっこさが紹介されていました。
うらやましい…オレもまがりを撫でたいと突入するも、

20140603-_1NT5118

お父さん不在

まがり、そっけない…orz

 

■チビと千夜、チーズのお宅

車を乗り入れると、

20140603-_1NT5130

いつものようにチビがズンズン
少し後ろを千夜ちゃんもズンズン

20140603-_1NT5144

ドテッ

20140603-_1NT5152

千夜ちゃんは、少しだけ距離をおいてお座り

20140603-_1NT5149

「おーい、おーい、わんわん♪」

チーズのことも忘れてないよ。

20140603-_1NT5158

「こらー、わんわんうるさいんじゃい」byチビ
ヤキモチ焼きのチビは、チーズばかりかまっているとチーズにパンチします 笑
はいはい、チビがここのボスだね

チビと千夜ちゃんはIzumiさんにまかせて、僕は恒例のチーズと散歩へいってきます。

20140603-_2NT4635

ニコニコ

20140603-_2NT4641

わかりにくいですが、途中で千夜ちゃん似の黒猫に遭遇。
ジーっと身を固くしていました。この子はどこで何を食べているのだろうか…

20140603-_2NT4642

「そろそろUターンしますよ」
の言葉に
「もうちょっといいよね」
的な視線を送ってきます。

「うーん、まぁいいよ、もうちょっと行きましょ」

と甘やかしたのが運の尽き
道は真っ直ぐではない…
次の交差点を曲がると、チーズ家へ続く道はぐーーーっとRを描いています。
進むのも遠い、戻るのも遠い
思えば遠くへきたもんだ

20140603-_2NT4660

ニコニコ

汗だくヘトヘトだけど、チーズがうれしいならいいよ
というか、家へ戻るにはもう遠い道を歩いて行くしかありませんから…

途中にあったモニタリングポスト
「1.275マイクロシーベルト/時」
東京のおよそ10倍
人が暮らしてもよい放射線量は「0.23マイクロシーベルト/時」

チーズはずっと人が暮らせないレベルの放射線に貫かれている
そして、ここにいる間は僕も同じ
しかし、僕には帰る場所がある
「自分の家の猫と同じようにかわいい犬猫たち」と人に言いながら、僕は彼らをここに置いていく。

20140603-_2NT4681

千夜ちゃんが、珍しく木材の山に登頂してポーズをとってくれましたよ!

20140603-_2NT4698

チビは確保されてます
ええ顔、ええお腹ポンポン

20140603-_1NT5169

そのスキにキジトラっぽい猫が、猫の餌場に進入したのをIzumiさんが発見
律儀にスロープをのぼって立ち去る
※わかりにくい写真ですみません。

20140603-_1NT5172

チビは人との時間に自分でケリをつけてくれる男

またね

20140603-_1NT5179

「やっぱ、もうちょっと遊んでやるか」

20140603-_1NT5203

いい顔して戻ってきた 笑

20140603-_1NT5219

千夜ちゃんも

でも、この後自主的に帰宅。
気温の高い日はムッとするほどの室温になるエサ場の倉庫の中で、チビは積み重なった布団の下に潜っていったそうです。
暑いの大丈夫なのね。

 

■親子猫・東側

20140603-_2NT4700

置き餌は残り僅か

20140603-_1NT5229

親子猫ではない茶トラ選手が、余裕でメシ待ち
この猫は親子猫・西側でもたまに見かけます。
エサ場をしっかり覚えて、えらいえらい。

20140603-_2NT4715

倉庫内に仁義メシセット

茶トラが僕がいるとは知らずに入ってきて、「はっ」とした顔をしたのがかわいかった 笑

20140603-_2NT4716

白い子ども猫も来た

20140603-_2NT4718

茶トラ選手も

20140603-_1NT5241

茶トラ選手と白い子ども猫は仲が良くないのかな?
いつの間にやら白い子ども猫は、先週と同じ遠くの高い場所に移動していました。

20140603-_1NT5242

わかりますか?少し口が開いているのが、小さな声で話しかけてくれました。
「僕もお腹すいたよ」って

ごめんね、オレがいると食べに行けないよね

けど、近い将来きみとは仲良くなれると思えましたよ。
がんばって生きぬいてね。
そしたら、きみは今とは違う暮らしができるかもしれないからね。

またね、また必ずメシ持ってくるからね。

人の心ひとつで猫の未来は変わる、それを強く感じながらも
今はこの子のこともここに置いていくことしかできない。

 

つづく

 

最後までご覧いただきありがとうございました。
またのお付き合いを、よろしくお願いいたします。

猫ブログランキング参加中です。
バナークリックで応援よろしくお願い致しますm(_ _)m
人気ブログランキングへ

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)