「シロのねがい」毎日スポニチTAP-i掲載

「毎日スポニチTAP-i」8月27日号に『シロのねがい 飯舘 残された命3』を掲載していただきました。
タブレットやスマートフォンでご覧いただけます。

※PCでご覧いただいている方へ
毎日スポニチTAP-iさんがFacebookにPCでご覧いただけるURLを載せてくださいました。

http://goo.gl/Ki3ivw

01

見渡す限り開けているのは、震災前までシロのお父さんが汗を流していた農地。
今は荒れ果て面影さえ失いつつあります。
剥きだしになったビニールハウスの鉄骨はサビつき、人の営みが消えてからの時間の長さが見て取れます。

シロがつながれているのはそんな場所。

はじめてシロに会った日、あまりにも悲しい光景と僕の目には映りました。
「この犬はここにいたら不幸なのではないか」
疑問というよりは決めつけに近い感情が湧いてきました。

しかし、飼い主に会い、飼い主の前でシロが見せる笑顔に接して、最初に感じたことが正しいとは思えなくなりました。
シロは、ここいればお父さんに会えると思っています。
ここにはたくさんの思い出があります。

確かに、放射能汚染の酷い地に残され、長い長い寂しい時間を過ごすことはかわいそうです。
しかし、お父さんと引き離すことがシロの幸せとも思えません。
たとえ、人のぬくもりや温かい寝床を得たとしても。

僕は、飯舘村の人たちひとりひとりの意志が尊重される未来を望んでいます。
誰かが決めたレールに従わせるのでなく。

村に残された犬猫に対しても、悲惨な光景に感情的になって自分の価値観で幸せやベターを決めつけるのは、時に誤った選択となり飼い主や犬猫の心を傷つけてしまうのではと思っています。

人も犬猫も、ひとりひとり一頭一頭が違います。
そのことを忘れずに、ひとつひとつの幸せを考えなければと、シロとの出会いで思うようになりました。

原発事故が起こらなければ……
人も犬猫も苦しまずにいられたのに。

「シロのねがい」ぜひご覧になってください。

 

●毎日スポニチTAP-i(毎日新聞社Webサイトより転載)
毎日スポニチTAP-iは、タブレットとスマートフォンに特化した新しいニュース媒体です。
iPadやiPhone、Android OS端末向けに、新聞にはない多くの写真や図でニュースを伝えます。
政治、経済から社会、スポーツ、エンターテインメントも充実。
詳細はこちら

02 03 04

 

■応援よろしくお願いいたします。

私のネットショップ「ねことる商店」にてポストカード等の販売をしております。

●上村雄高写真展『Call My Name 原発被災地を生きる犬猫たちポストカード』
2014年4月から6月までギャラリー・エフ浅草で開催した写真展のオリジナルポストカード。
原発被災地・飯舘村で撮影した犬猫たちの写真を使っています。
A・Bセット 各7枚組1000円

●新作『キジトラ子猫ポストカード』
猫撮る家のキジトラ軍団の子猫時代の写真を使った、おもわずにっこりのポストカードです。
「いろ」「しろ」各8枚組1000円

買っていただけると、私の飯舘村での活動資金になります。
応援していただけたらうれしいです。よろしくお願い致します。

>>ねことる商店はこちら

▼キジトラ子猫ポストカード

konekopostcard_full

 

最後までご覧いただきありがとうございました。
またのお付き合いを、よろしくお願いいたします。

猫ブログランキング参加中です。
バナークリックで応援よろしくお願い致しますm(_ _)m
人気ブログランキングへ

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)