猫撮る

小春 CALL MY NAME 1

その猫は飯舘村で暮らしていました。
平たい顔をしたキジ白の女の子。

2012年2月の雪がしんしんと降る日。山道の脇にある家の前で車を停めると、降り積もった雪の上をサッサッと駆けてきて「にゃん」と出迎えてくれたのがその猫との出会い。
村から人の営みが消えて10ヶ月、飼い猫ではなかったという彼女は、近所の家々を歩きまわったり、村を訪れる動物ボランティアから餌をもらって生きてきたのだろうと思います。
餌を必死にむさぼる姿は、「生きるために食べる」そんな悲壮感に満ちているように感じました。

20120226-_ND34226

2012年2月26日撮影

飯舘村に通いはじめて間もなかった僕は、犬猫たちに起こっていることの全体像をまだ理解していませんでした。(今も全てを理解しているわけではありません)
人の気配のない土地に生きる犬猫を目の当たりにして、「できるだけ村に通ってあげたい」と、ただそれだけを思っていました。

2014年1月のその日までに、僕は51回飯舘村を訪れました。
その猫に会えたのはたったの5回。
僕が彼女について知っていることはあまりにも少なく、彼女の生死に関わる場面に立ち会うまで、特別気にかけていたわけではありませんでした。

2度目に会ったのは2012年5月。
最初に会った家の隣家のスロープで佇んでいるのを車中から発見。
車を降りると、ゆっくりと「ご飯ちょうだい」と近づいてきました。
空腹に耐えながらボランティアが通りかかるのを待っていたのかもしれません。

20120526-_DSC2074

20120526-_DSC2083

20120526-_DSC2116

2012年5月26日撮影

2度目に会った家にボランティアによって餌場が作られ、村を訪れた時はなるべく立ち寄るようにしていたものの、それからしばらくの間はその猫に会うことができませんでした。
後に聞いた話では、そこに居ついたものの、後からやってきた猫たちに居場所を奪われ辺りをさまよっていることが多かったそうです。

再会がかなったのは9ヶ月後の2013年3月。
納屋の2階の稲わらがガサガサ、見上げればそこにその猫の姿が。
村のなかでも雪深い地域、久しぶりに会った彼女は冬毛をまといふっくらとしていました。
「もうすぐ暖かくなるからね、よくがんばってるね」
飯舘村の長く厳しい冬を知り、そこに暮らす犬や猫たちの存在を愛おしく想うようになり、あたたかな春を迎える喜びを今までになく強く強く感じるようになっていました。

20130331-5HN_5773

2013年3月31日撮影

それから2週間後。冬が終わりを告げ原発事故から2度目の春が訪れた4月中旬。
この日は、テレビの取材班を案内しながらの飯舘村訪問。
その猫を訪ねる予定はなかったものの、通りから彼女の姿が目に入りました。
車を降りた人に「ご飯ちょうだい」とまとわりつく微笑ましい姿を見せたものの、ご飯を食べ終わったらそそくさと遠くへ。
げんきんな彼女を、みんなで笑ったことを覚えています。

20130414-_5HN6984
そそくさ、そそくさ。

20130414-_5HN6990

2013年4月14日撮影

そして、2014年1月21日。
この日が、その猫に会った最後の日となってしまいました。
差し出したウエットフードに口を付けず元気がない様子。どうしたのだろうと見てみれば、右わき腹から流れだす膿はこれまで見たこともないほど。抱きかかえるとしぼり出されるように地面にしたたり落ちます。
飯館村の犬猫の給餌にほぼ毎日通っており、その猫のことも気にかけていてくれたHさんに連絡。
「後は引き継ぐから病院へ連れて行ってください」の言葉に、村から一番近い病院へ。

20140121-_5HN3760

20140121-_DSC9388

20140121-_DSC9419

となりにあった人のお弁当に手を出す。きっとお腹は空いていたのだろうと思います。

20140121-_DSC9436
足にも傷が。生き抜いてきた環境の苛酷さを思わずにいられませんでした。

20140121-_DSC9455

2014年1月21日撮影

診察台に上げられたその猫は、逃げ出す気力もないほど衰弱していました。
脇腹の傷は想像以上に深く広く、内臓にまで達しているかもしれないという診断。
貧血と低体温もあり予断を許さない状態と告げられ、入院させることになりました。

 

3日後の1月24日夕方、Hさんより「小春が亡くなりました」と連絡をいただく。

亡くなる前の日に、彼女ははじめて家族を得ていたのに。
その猫を一緒に保護した「チーム銀次」のIzumiさんが前の日にくれたメールには、
「今度病院に行ったら、私が引き取るのでしっかり治療してくださいと言ってみる」の言葉がありました。
そして、「元気に春を迎えられるように」と「小春」と名づけてくれました。
数日後にお見舞いに行くことも決めていました。

はじめて名前をもらい、これから幸せな時間がやってくるはずだったのに。
僕はそのことをうれしく思っていたので、小春を助けられなかったことが悔しく、自分の行動が正しかったのかと何度も何度も考えました。
最後は僕らに助けを求めるかのように姿を見せてくれたのに。
悲しい、たった5回しか会ったことのない猫を失うことが、これほどまでに悲しいものとは自分でも思っていませんでした。

人の欲と無関心が原発を動かし続けた結果、人が住めない土地がつくり出され小春は過酷な環境で生き抜くことを強いられました。
人の営みが消えた土地での3年近い月日を、彼女は何を思って生きてきたのだろう。
空腹、孤独、寒さ、暑さ、野生動物の脅威、彼女の命を危険にさらすものはあまりにも多かったはず。
楽しい、うれしいと思えることはあったのだろうか。

最後に名前をもらえたこと、人知れずひっそりとこの世を去らなかったこと、それがせめてもの救い。
そんなことは1ミリも思えません。
なぜなら、小春を追い詰めたのは僕らひとりひとりがつくりだした社会だと思うから。
最後に少し手を差しのべただけで、「少しは救われたね」なんて言うのは図々しいにも程があると思うから。

僕はせめて小春が生きた証を残したいと思いました。
僕はせめて小春を追い詰めた社会を変える努力を続けていこうと思いました、諦めることなく。

あなたや僕の家で暮らす犬や猫と同じように、喜怒哀楽を持つ愛おしい存在が今も同じ空の下で生き続けています。
「原発事故の影響で人が住めなくなった飯舘村には、およそ200匹の犬とおよそ400匹の猫が取り残され、飼い主の帰りを待ち続けています」
ニュースでは数字に置き換えれてしまう犬や猫たち、しかしその1匹1匹が唯一無二の存在。
僕はそんな1匹1匹に光をあてていきたい。

小春の亡骸は、Hさんの手によって彼女と最後に会った家の片隅に埋葬されました。
「小春の家」彼女の生きた証を残すために、そう呼ぶことにしました。

小春、原発事故後を生き抜いた地に眠る。

20140128-_DSC9760

生きた証、銀次親分とともに。(東京・浅草ギャラリー・エフ)

20140128-FU9_8852

2014年1月28日撮影

おわり

 

●小春を保護した2014年1月21日の様子
浅草・銀次親分日記『冬の猫 3:保護猫』

●生前の小春
aihamalteseのブログ『飯舘村訪問日記357 2014/01/24』

●小春の埋葬
致命傷となった傷の写真があります、注意
aihamalteseのブログ『飯舘村訪問日記358 2014/01/25』

 

======================================

上村雄高写真展 『CALL MY NAME』※副題未定

原発被災地飯舘村で出会った犬猫の写真展

会場|ギャラリー・エフ(東京・浅草)
会期|2014年4月23日(水)~5月26日(月) 火曜休

======================================

 

最後までご覧いただきありがとうございました。
またのお付き合いを、よろしくお願いいたします。

猫ブログランキング参加中です。
バナークリックで応援よろしくお願い致しますm(_ _)m
人気ブログランキングへ

 

One thought on “小春 CALL MY NAME 1

  1. Pingback: 14/12/30 飯舘村犬猫レポート4:見えないまま | 猫撮る(ねことる)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Get Adobe Flash player