Call my name 原発被災地の犬猫たち グッズのネット販売

Call my name 原発被災地の犬猫たち

こんにちは

今年も春に写真展「Call my name 原発被災地の犬猫たち」を開催させていただきました。
3月に日本テレビ Oha4!NEWS LIVEで、飯舘村の犬猫と私の活動をご紹介いただき、更には朝日新聞sippoに記事を2本寄稿させていただきました。
テレビも記事も大きな反響をいただき、写真展には例年より多くの方に足をお運びいただけました。
来てくださったみなさま、本当にありがとうございました。

今年の展示内容は今年限り、来年はまた写真を入れ替えたり新たな写真を加えたりで、より良い展示を目指したいと考えています。

夏に地方で展示の予定がありますが、採算面など厳しいこともあり展示はこれで終了の予定です。
ただ、今年の展示は過去の中でも一番良いものになっていると思っていますので、もっと多くの方に見ていただきたいのも本心です。

そこで、写真展会場で販売していた「Call my name 原発被災地の犬猫たち」2018年版のパンフレットのネット販売をはじめました。
2012年に被災地の犬猫撮り始めてから、今年3月までに撮影した数万枚をすべて見直して、新たに選んだ25枚です。過去の展示と同じ写真もありますが、はじめての写真も多く含まれています。
自分が写真を撮る視線も少しずつ変わっていますので、多くの方にご覧いただき感想などいただけますと今後の励みになります。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

『Call my name 原発被災地の犬猫たち 2018 写真展パンフレット』
1冊 800(送料無料)

 

 

『Call my name 原発被災地の犬猫たち 2018 写真展パンフレット』
800(送料無料)

薄い冊子ですが、写真と文章には心を込めました。
名前、犬猫のこと、現地のこと。
被災地に残された犬猫たちが、私たちの傍らで暮らす犬猫と変わらぬ輝きを放っていることを知ってほしいという思いで、写真を選び文章を書きました。

そして、東北の被災地の報道が減っていく中で、当然のように犬猫のことも伝えられる機会が激減しています。
ただ、私が現地顔と顔を合わせた命たちは、時間が経ったからと言って簡単に忘れ去り通り過ぎてしまえるほど軽くも小さくもないと確信しています。

これまで被災地の犬猫についてあまり知らなかった方も、かわいそうで見るに堪えないと思っていた方も、ぜひ彼らの命の輝きにふれていただきたいと思っています。

 

パンフレットのほかにも、猫のかたちのポストカードとしおり、マスキングテープなども販売しています。
2016年に台湾で写真展を開催してくださったギャラリーのサイさんとリーさんが、作ってくれたメイド・イン・台湾の猫グッズです。
グッズ自体もかわいいですし、紙や印刷の感じがとても好みなので、春の写真展の前に日本に送ってもらいました。

 

『Call my name 原発被災地の犬猫たち マスキングテープ』2本
1080(送料無料)

 

『猫のかたちポストカード 4枚セット』
1080(送料無料)

 

『猫のかたちしおりセット』
864(送料無料)

 

福島の被災地での撮影や、写真展の開催にはお金がかかります。
現状、別の撮影で得たお金を、福島の被災地に関する活動資金に当てています。
今後、福島の被災地に関する活動からも、できる限り収入を得て活動の質量を高めたいと考えています。
私の活動や写真と記事をご支持いただけたり、価値を認めてくださる方は、グッズをご購入いただけますとうれしいです。今後の活動の励みになります。

2019年版のカレンダーも作ります!
自分の手には負えないので、今年はデザイナーさんの力を借りることにしました。

どうぞよろしくお願いいたします。

被災地の犬猫については、Instagramでも発信しています。
フォローいただけますと、うれしいです。
@nekotoru_pj

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)