14/12/14 飯舘村レポート3:生きづらさ

飯舘村からやってきた保護猫「ラビ」
「趣味はカリカリよ」
今日のラビ撮る(2014.12.28)
20141226-_2NT8719

「毛布とかクションとか、ふわふわほかほか寝るのが好きよ」
よく食べてよく寝て、元気。

 

■ココちゃん(ハチワレ母さん)の家

黒い袋が庭で大きな顔をしているのは、夏に来た時のまま。
以前あった袋が仮置き場に運ばれ、新たに積み上げられたものかもしれません。
25億個を超えているそうです、黒い袋は、飯舘村だけで。
20141214-_1NT5586

えさ場のある納屋に入ると、

ポツン

「ココ」ちゃんが待っていました。
20141214-_1NT5588

過去に2度しか会えていない、幻のような猫。
おそらく彼女が人と顔を合わせたいと思っていないため。
会えたのはとてもうれしいのですが、不憫にもなります。
人の持ってくるご飯を心待ちにするほどの空腹。

胸の模様が「↓」
ここ、ここ!
と指し示しているようなので、ココちゃんと命名されました。
鼻にも「↓」がありますね。
20141214-_1NT5603

少しのドライフードが残っていました。
ならば、彼女は少しずつ人との距離を縮めているのかもしれません。
20141214-_1NT5607

警戒心を薄れさせる生への欲求が、呼び覚まされるほどの生きづらさを感じているのかもしれません、彼女は。
20141214-_1NT5609

 

■長毛キジトラの家

慣れていない猫が2匹暮らしています。めったに姿を見ることができません。
雪上に残された足あとが彼らの命が消えていないことを教えてくれました。
20141214-_1NT5621

フードは一粒残らず食べ尽くされていました。
タヌキやハクビシン、おそらく野生動物の胃袋にも飲み込まれているはず。
20141214-_1NT5620

除染の風景
除染作業は、人なれしていない猫の生きづらさに追い打ちをかけます。
日曜日は作業が休みですが、人のいる昼間はえさ場にも寄りつきにくくなります。
20141214-_1NT5623

 

■みみ太の家

アプローチに車を入れると、サバトラさんがタタッと駆け抜けて行きました。
20141214-_2NT8189

「みみ太」登場。彼はお母さんっ子。
このお宅のお母さんは猫のために頻繁に帰宅しています。
20141214-_2NT8198

みみ太のご飯を用意していると、頭上から催促の声。
20141214-_2NT8211

あら、素敵な鼻周りをお持ちですね。
20141214-_2NT8230

除染の風景

20141214-_2NT8244

 

■森林除染モデルのお宅

はじめて来ました。
除染まっさかりの庭を駆け抜け、屈託のない表情のキジトラさんが。
20141214-_1NT5640

屈託顔?のキジトラさんも。
20141214-_1NT5658

えさ場には寝床が用意されていました。
20141214-_1NT5648

20141214-_1NT5674

なんとなくいつも一緒。
20141214-_1NT5692

除染の風景
冷たい風が吹き抜けていきました。
20141214-_1NT5704

 

■大火のボックス

サバ白、白、何匹かの猫が暮らしています。
20141214-_1NT5726

猫が食べた痕跡。
20141214-_1NT5717

除染の風景

20141214-_1NT5722

20141214-_1NT5725

20141214-_2NT8247

 

■石材店

午後になっても水は凍ったまま。
20141214-_1NT5727

半分ほど残ったフード。
20141214-_1NT5730

給餌台を移動したことで、野生動物の被害を防ぐことができているようです。
暖をとるための囲いをよじ登り野生動物が侵入していたのかもしれません。
20141214-_2NT8265

「チロ」は不在でしたが、常連の茶トラが姿を見せてくれました。
20141214-_1NT5733

20141214-_2NT8249

「うまいのどこ?どこどこ?」
20141214-_2NT8274

うまいのにありつきました。
20141214-_2NT8280

一応、ツーショット。
20141214-_2NT8291

 

移動中、道端でキジトラに会いました。どこかでご飯を食べてるのかな・・・・・・20141214-_2NT8294

午後2時を回っても、氷点下。
20141214-IMG_3342

 

■工務店奥

池の水がうっすらと凍っていました。
冷凍庫のような午後。
20141214-_2NT8299

室内に偵察役の茶トラくん。
除染がはじまってから、姿を見せる猫がめっきり少なくなっています。
20141214-_2NT8305

ただ、給餌台のエサは減っています。何匹かの猫がここをえさ場に生きているのは間違いありません。
20141214-_2NT8307

除染の風景

20141214-_2NT8313

20141214-_2NT8326

茶トラが出てきた!
20141214-_2NT8343

20141214-_2NT8367

20141214-_2NT8372

かつて「ご老公」と呼ばれた猫が座っていた屋根。
彼は4度目の冬を前に空へ帰って行きました。
生きづらい季節を耐え忍ぶのを拒んだのかもしれません…
20141214-_2NT8378

生前のご老公。
20140801-_2NT9107

生きることを諦めない猫たちを、過剰に擬人化するのはよくないのかもしれません。
しかし、一匹の猫の死から、もっと何かを感じ取ってもいいのかもしれません、人は。

 

つづく

 

最後までご覧いただきありがとうございました。
またのお付き合いを、よろしくお願いいたします。

猫ブログランキング参加中です。
バナークリックで応援よろしくお願い致しますm(_ _)m
人気ブログランキングへ

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)