14/11/30 飯舘村猫撮るレポート4:小さな世界をひとつ

「巻かれたわ、朝から迷惑なのよね」
今日のラビ撮る(2014/12/23)
20141223-_2NT8680

『フミフミ大好き♪ぷっくりマズルのまん丸キジトラ猫』(ペットのおうち)

 

■親子猫西

納屋の1Fと2Fにえさ場があります。
どちらも空。
20141130-_2NT7170

20141130-_2NT7174

白猫(キツネ目の方)が、無言でご飯を催促。
この子と兄弟は避妊去勢手術後に飯舘村に戻り暮らすことになりました、保護場所がなかったため。
手術のときに人との距離が少しだけ縮まり、村ぐらしで遠ざかり、そして時間の経過とともにまた近づきつつあります。
建物は傷みが進んでいます、人の営みの消えた時間が長引くほどに。

いつか解体されるかもしれません、村の猫たちの棲家は。
かろうじて野生から身を守り、命を削る寒さから身を守るための棲家。
その時、私たちはまた彼らを放り出すしかないのでしょうか?
20141130-_2NT7181

 

■親子猫東

最近、新しい白猫兄弟が姿を現すようになりました、ここに暮らしていた猫たちの次の世代。

必死にご飯を貪ります、まだ子猫の面影を残した子たちが。
この子たちに、ヌクヌクと暮らすチャンスを与えられないのでしょうか、私たち人は。
20141130-_2NT7195

20141130-_2NT7224

犬や猫には目もくれず、地面を削るために投じられているのは税金。
数値目標のないまま進む行為は、村の人の方さえ見ていないのかもしれません。
20141130-_2NT7200

話かけると返事をする黒猫さんにも、はじめて会えました。
20141130-_2NT7205

 

■小さくら

人の姿を見れば寄ってきます。
20141130-_1NT4648

人が動けば並走します。
20141130-_1NT4719

小さな足で人への親愛を全身全霊で伝えてきます。
20141130-_1NT4654

「たくましいのよ、あたし、意外とね」
知ってるよ。知ってるけど、ごめんね。
20141130-_1NT4672

20141130-_1NT4688

20141130-_1NT4691

彼女はよくアプローチの方向を眺め佇んでいます。
20141130-_1NT4716

 

■まがりの家

人も猫も不在、すっかり様相を変えていました。
20141130-_1NT4736

20141130-_1NT4740

20141130-_1NT4738

 

■チビと千代とチーズの家

チビと千代のアジト。
「チビ」探しに行きます、数日前から姿を見せなくなっていました。
彼が姿を見せなくなったのは、これで2回目。前回は1週間ほどで顔を見せてくれました、後ろ足に深い傷を負った姿で。
20141130-_1NT4741

誰もいない。
20141130-_1NT4746

チーズの鳴き声さえなく、耳に届くのは遠くで草を刈る音だけ。
20141130-_1NT4748

チーズの姿がありません・・・・・・
彼はボランティアの姿が見えただけで、はしゃいでオヤツとスキンシップを求めてきます。
何かあったのか?
20141130-_1NT4749

チーズー、チーズー

「ワンワンワンワン、ワンワンワンワン」

いた!

「オクデネテタワン」
20141130-_1NT4752

なんだ、いつも通りじゃん、チーズ。
20141130-_1NT4760

そして、あいつら登場、チーズのワンワンワンを合図に。
なんだ、チビいるじゃん。
20141130-_1NT4764

変顔、異常なし。
20141130-_1NT4771

千代ちゃんもいつも通り。
20141130-_1NT4775

かわいいので、もう一枚。
20141130-_1NT4778

「お腹すいたー」
20141130-_1NT4783

たぁーんと食べるあいつら。
20141130-IMG_2824

いまいちキマらない、異常なし。
20141130-IMG_2830

同上。
20141130-IMG_2836

キマるね!変顔は。異常なし。
20141130-IMG_2837

「うるせぇなぁー」
20141130-IMG_2841

千代ちゃん、食後のひとり散歩。
20141130-_1NT4829

ピンクリボンがはためいていました、チーズの頭上に。
チーズはずっと暮らしてきました、暮らしています、除染対象とされた場所に。
20141130-_1NT4831

20141130-_1NT4837

20141130-IMG_2850

20141130-_1NT4841

千代ちゃんは血の通った肉体を持った命、彼女の口の中の温度がそれを伝えてきます。
僕らと同じように心臓を鼓動させています。
20141130-_1NT4855

みんなに心配をかけたチビですが、いつも通りの変顔。
20141130-IMG_2868

訪れればいつも当たり前に飄々とした姿を見せていたチビ。
彼らがいつ消えてもおかしくない、当たり前に存在している訳でないと、改めて突きつけてきました、彼の2度の失踪が。

 

この日は、この後メインイベントがありますので、早めに飯館村を後にしました。

 

■アリスペットクリニック

村から1時間弱、伊達市のアリスペットクリニックを訪れました。
近隣では評判の良い病院。
ボランティアの力になってくれています。
20141130-IMG_2869

「ラビです。不機嫌かもよ」
20141130-IMG_2879

飯舘村の犬猫に毎日のようにご飯を届けているボランティアの「日比」さんが、保護し病院に連れて行ってくれました。
お世話になりました。

11月27日に故郷を後にして、30日まで入院。
狭いケージ暮らしは、自由に野山を駆けまわっていた彼女には窮屈だったのでしょう。
すみません。

「ラビちゃんいい子にしてましたよ」

褒められました(照)

入院中に検査や駆虫をすませ、ただいまの健康状態に太鼓判をいただきました。

そして、更に狭いケージでの東京への旅。
車中では抗議が続きました。

「狭いし揺れるんですけど」
高速に乗ってすぐのパーキングエリアにて、不満顔。
20141130-_1NT4880

途中仮眠をはさみ、旅は終盤へ。
さすがにお腹が減っているだろうと思い、パウチを。

「あとどのくらいで着くのよ」
態度を若干軟化させたようです、ほっ。
20141130-_1NT4887

日付が変わり12月1日早朝。
猫撮る家に到着。
20141201-_2NT7233

「どこなのよ?まぁいいわ、寒くないし、ご飯食べれるなら」
20141201-IMG_2902

パチッとスイッチを切り替えるように一気に変えることはできません、飯舘村の犬猫の今を。
しかし、僕にもできるかもしれません、ラビの世界を、全体から見ればチリのような小さな世界をひとつ変える手伝いは。

そして、もし僕にラビの世界を変えることができたなら、
誰にでも同じことができると思えます。

小さな世界を変える人の輪が広がることを願いつつ、ラビお迎えの旅を終えました。

そして、ラビの幸せ探しの旅がはじまりました。

ラビのこれからを幸せ色に染めてくれる方の目に、ラビの存在が届きますように。

『フミフミ大好き♪ぷっくりマズルのまん丸キジトラ猫』(ペットのおうち)

 

[おわり]

 

最後までご覧いただきありがとうございました。
またのお付き合いを、よろしくお願いいたします。

猫ブログランキング参加中です。
バナークリックで応援よろしくお願い致しますm(_ _)m
人気ブログランキングへ

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)