「飯舘 残された命」別冊発刊(毎日スポニチTAP-I)

「飯舘 残された命」毎日スポニチTAP-iの別冊が発刊されました。

20141123-1505230_809339212442575_8053989546444420388_n

8月から9月にかけて連載した「マメのつぶやき」「小春のなみだ」「シロのねがい」「のら猫のひとりごと」「うたのゆめ」を一冊にまとめていただきました。
スマートフォンやタブレットをお持ちの方は、ぜひご覧になってください。

僕はiPhoneで以下の手順をふんで別冊を見ました。参考にしてください。
1. 毎日新聞社Webサイト(http://mainichi.jp/info/)で、ウェブ会員登録(無料)をし毎日IDを取得する。
2. iPhoneやiPadに「毎日ビューアー」アプリをインストールする。
毎日ビューアートップ画面の「刊行物」内に『別冊 飯舘 残された命』があります。

●毎日スポニチTAP-i(毎日新聞社Webサイトより転載)
毎日スポニチTAP-iは、タブレットとスマートフォンに特化した新しいニュース媒体です。
iPadやiPhone、Android OS端末向けに、新聞にはない多くの写真や図でニュースを伝えます。
政治、経済から社会、スポーツ、エンターテインメントも充実。
詳細はこちら

 

別冊の発刊にあたり、まえがきを書かせていただきました。

「原発被災地・福島県飯舘村には、住人の避難後もおよそ200頭の犬と400匹の猫が暮らし続けています。
空腹、孤独、野生動物の脅威、暑さや寒さ、そして放射能・・・・・・。
彼らは過酷な環境にさらされながら4回目の冬を迎えます。
「飯舘 残された命」には8頭の猫と犬が登場します。みな名前を持った唯一無二の尊い命です。あなたのそばにいる猫や犬と何も変わりません。
「もし私の猫や犬が、マメだったら、シロだったら」と想像してください。
村の飼い主の気持ちを想像してください。
それが東京からおよそ250kmの場所に、今もある現実です」

「マメのつぶやき」
20141123-1932316_809339219109241_966488996183712765_n

「小春のなみだ」
03

「シロのねがい」
03

「のら猫のひとりごと」
「ハチ」と「シロ」
20141123-10801677_809339229109240_2196466096610907982_n

「ラビ」
03

 

「うたまる」
04

「うたのゆめ」

登場する8頭のうち、小春はこの世を去り、うたまるは「おーあみ避難所」に保護されました。
他の6頭は、今も飯舘村で暮らしています。
まめ、シロ(犬)、うたの3頭は、再び飼い主と暮らせる日を待っています。
ハチ、シロ(猫)、ラビは、飼い主がいないため、あてのない命の旅を続けています。

「飯舘 残された命」で彼らが語る言葉は、彼らの目や仕草、生活から感じたものです。

のら猫のハチとシロ
「今の暮らしは大変かって?
うーん、考えたことないよ。
今を生きることだけを考えてる。
とにかく僕らは今を生きているんだ」

元のら猫になったうたまる
「村では腹減って生きにくかったぜ。助かったよ」

人の行動には彼らの命を守り、運命を変える力があると信じたいと思います。

毎日スポニチTAP-i「飯舘 残された命」別冊を、ぜひご覧になってください。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。
またのお付き合いを、よろしくお願いいたします。

猫ブログランキング参加中です。
バナークリックで応援よろしくお願い致しますm(_ _)m
人気ブログランキングへ

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)