「転」退院

保護猫

11月13日未明、交通事故に遭った子猫が、12月4日無事に退院しました。
「災い転じて福となす」猫生を送って欲しいとの願いを込めて「転」と名付けました。

転と出会って以来、私は沢山の福をいただいてます。
福をくださったみなさま、本当にありがとうございます。

転と私に福をくださったみなさまにも喜んでいただけるよう、転のご縁探しがんばります。

 

約3週間の入院生活で、事故に遭ったとは思えないほどのピカピカ子猫になりました。
お気に入りのグリーンのベッドともお別れです。
転がお世話になったのは、千葉市の「岡本動物病院」。
先生とスタッフの方にかわいがってもらった転は、すっかり人好き遊び好きになりました。

転を一緒に保護した「ジュピター」さんも、転の門出に駆けつけてくれました。

およそ2時間のドライブで、国立市のイヌとネコとヒトの写真館に到着。
特製「転ちゃんハウス」に入居。

 

そそくさと穴ぐらに潜り込むも、ごはんを出すとニョッキ。食いしん坊の性ですね。

 

拍子抜けするほどふつうな、退院初日の転でした。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)