米といねの日記 2015/3/25 いね、さとおやぼしゅう

「米太郎」と「いね」は、原発被災地・福島県飯舘村出身。
人の住めなくなった場所から来て、人の家族になることを目指す彼らの日々を綴っています。

 

 

あたし、いね。

あたしおよめにいってもいいわよ。

『福島県産新米!ツヤツヤ白猫 まんまる顔の「いね」』(ペットのおうち)

20150314-_2NT3407

 

 

だいふくじゃないわ。

20150227-_2NT2482

 

 

おまんじゅうでも、しらたまだんごでもないわ。

20150303-_2NT2753

 

 

いねよ。

よろしくね。

20150317-_2NT3638

 

 

「いね」の里親募集をはじめました。

お問い合わせをお待ちしております。

『福島県産新米!ツヤツヤ白猫 まんまる顔の「いね」』(ペットのおうち)

 

 

仮名:いね
体重:3.4kg
種類:新米のように輝く白猫 手触りふわふわ系

好き嫌いなし、よく食べます。
トイレの失敗も目立ったいたずらもなく、半日程度のお留守番ができます。

いねの顔はまんまるです。
大福、おまんじゅう、白玉・・・・・・
見ているだけで頬の緩む癒し系フィエス。

いねは、人を知らずに育ってきました。
人のすめなくなった村では、野生動物が幅を利かせています。
彼女は敵だらけの環境で生きてきました。

いねはまだ多少の警戒心を残しています。
彼女は人のそばで心の鎧を脱ぎ始めたばかりです。

いねは驚くべきスピードで変貌を遂げています。
保護から10日ほどで、他の猫がいれば僕は彼女を触り放題になりました。
猫の後を追い西へ東へ、ピトピトスリスリ。
彼女の本来、甘えん坊気質。
1ヶ月ほどで、人にもご機嫌な声で話しかけてくれるまでになりました。

いねの心は、新米のようにツヤツヤな純白。
一日一日、彼女は心のキャンバスに人間評を塗り重ねています。
僕はできるだけ早く彼女に家族を見つけてあげたいです。
家には10匹の猫と、彼女を含め3匹の保護猫がいます。
彼女との時間を十分に取ることができません。
彼女は新しい家族のもとで、心のキャンバスの絵を完成するのだと思います。

いねの心を染めてくださるご家族との出会いを待ち望んでおります。

縁あって運良く保護できた大切な命です。
辛苦を乗り越えたいねに、喜びに満ちた未来を見つけてあげたいと強く思っています。

 

 

募集経緯

いねの故郷は福島県飯舘村(いいたてむら)。

彼女は原発事故の犠牲者のひとりです。
村に人の営みはなく、家主やボランティアが運ぶフードで、彼女は命をつないできました。
農家の納屋を根城に、暑さ寒さや野生動物から身を守ってきました。

避妊手術後、彼女は家猫になるチャンスを掴めませんでした。

2014年12月、僕は飯舘村での猫の保護をはじめました。
野生動物が猫を襲う事態が頻発するのを、傍観できなかったためです。

同じ場所で兄弟の「米太郎」を先に保護しました。(※)
米太郎だけでは不公平だろうと考え、いねも保護することにしました。
※兄弟の確証が得られませんでした。親戚の可能性があります。

個人の僕には一度に何匹もの保護は難しいですが、いねに良縁を繋いだのち、他の猫を迎えに行きたいと思っています。
そして1匹でも多くの猫に、家族とともに暮らす喜びを感じてほしいと願っています。

お心ある方の目に、いねが留まりますように。

 

 

よろしければ、いねの成長記録もご覧ください。

『といねの日記11 2015/2/24 せんぱい』

 

 

お問い合せ

▼▼▼▼▼

『福島県産新米!ツヤツヤ白猫 まんまる顔の「いね」』(ペットのおうち)

お問い合わせをお待ちしております。

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。
またのお付き合いを、よろしくお願いいたします。

猫ブログランキング参加中です。
バナークリックで応援よろしくお願い致しますm(_ _)m
人気ブログランキングへ

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)