伝授します!犬猫のかわいいの写し方 「NHK学園」秋の講座

写真教室

こんにちは。
11月に「NHK学園」さんにて撮影講座を開催させていただくことになりました。
『写真家直伝!動物の撮り方入門』
11/15(金)実践・29(金)講評の2回講座です。

講座にご興味を持っていただいた方の中には、
「家の犬、家の猫、もっとかわいいのに…」
と、撮影した写真を見て肩を落とされた(大げさか…)経験のある方が少なくないと思います。

ちょっとしたコツとテクニックを覚えて撮影を重ねれば、かわいいを上手に写せるようになります。

例えば、髪型の素敵な猫に出会ったのなら・・・・・・

あなたが感じた素敵を写す答えは、「髪型を目立たせる」です。
「なんだ、当たり前じゃん」
そうです。当たり前を写すと素敵が伝わりやすくなります。

背景をすっきりさせて、特にかわいい前髪が写るように猫ちゃんに正面を向いてもらいました。

たった、それだけです。

青い目が綺麗だなと思ったら、こんな感じに。

寝顔とくっと曲げた手がかわいいなと感じたら、こんな感じに。

 

ただし、室内撮影での失敗ダントツ1位の「ブレ」を防がなくてなりません。
そのポイントも、もちろんお教えいたします。

ブレ防止テクニックを応用すると、動きのある写真も撮れるようになります。

講座では、イヌとネコとヒトの写真館や福島の原発被災地での撮影で、私が使っているテクニックお伝えします。
「カメラは難しい」と思われている方も、大丈夫です。
使う機能は4~5個です。
そのうちいくつかは、カメラに任せてしまうこともできます。

講座は、実践と講評の2回。
11月15日(金)1回目は、溝口の保護猫カフェ「猫式」さんで撮影実践の巻。
撮影の前に、オリジナルテキストを使ってポイントをお伝えし、撮影中は随時アドバイスさせていただきます。
11月29日(金)2回目は、国立のNHK学園さんにて写真の講評をします。
おひとり10枚くらいの写真を見せていただき、個性や癖についても良い点、改善点をお伝えしたいと思っております。

保護猫カフェ「猫式」さんでは、これまでも写真教室を開催させていただきました。
人懐っこい猫たち、明るく広いカフェスペースは、居心地が良いだけでなく、とても撮影がしやすい環境です。
時間を忘れて猫と撮影に没頭、という方が続出しています。

講師の上村は、最近では写真集「みんなイヌ、みんなネコ」sippo編集部(パイ インターナショナル)の表紙を担当しました。
また、写真展「Call my name 原発被災地の犬猫たち」が中国・深センの猫イベントに招待されました。
自身のスタジオ「イヌとネコとヒトの写真館」を運営しながら、原発被災地の犬猫の撮影も続けています。

明るく楽しい撮影講座に、ぜひご参加ください。

ご参加の申し込みは、NHK学園までお願い致します。

■インターネット
【短期2回】写真家直伝!動物の撮り方入門
■電話
042-572-3901
受付 9:30~17:30(土曜15時まで、日祝休)

 

【短期2回】写真家直伝!動物の撮り方入門

開催日程 11/15・29(金)
時間 10:00~12:00
講師 国立市「イヌとネコとヒトの写真館」 上村雄高(かみむらゆたか)
受講料(税込み)全2回 6,160円 (猫カフェ代約2,000円別)

ペット書籍や雑誌を数々手掛けた写真家から、自己流では難しい動物の撮り方のコツを学びましょう。
アングルやピントの合わせ方、背景の作り方、視線やイキイキとした表情の捉え方等…
猫カフェで実践し、2回目は教室でプロジェクターを使って講評を受けます。

動きの素早い猫が撮れれば、他の動物にも応用できます。
◇講師による本校エレベーター前写真展
(10/28~11/14)予定

お持ちいただきたいもの
・筆記用具 ・カメラ…一眼レフ(ミラーレス可)の方が対象ですが、コンパクトカメラの方もご参加いただけます。
ご注意事項
・11/15 武蔵溝ノ口駅「猫式」で実践 ・11/29 国立本校の教室にて講評(講義) の予定です。

よろしくお願い致します。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)