原発被災地」タグアーカイブ

シマジローとサイちゃん

 

色々書くべきことがありますが、ひとまず脇に。

2017年11月9日未明に我が家にチェックインした福島県飯舘村で保護された2匹の猫のお話を。

20140218-20140218-1NT_9847

「シマジロー」
飯舘村では「シマ」あるいは「ムギ」と呼ばれていました。
家にはすでに「むぎ」がいますし、シマの2文字では名は体を表すには至らず。
人なつっこさ、飄々とした様、アピールの強さ、食欲など各種スペックが、明らからに縞々柄だからシマに収まりきらず、イチローでもサブローでもないなんとなく漂うジロー感をプラスしました。

 

20140817-20140817-_1NT9388

「サイちゃん」
飯舘村では完全野良猫にジャンル分けされていた彼女。名前はずっとありませんでした。
僕は「クロ(仮)」としていました。しかし、彼女もまた黒いからクロには収まりきらない良い味を、家に来てからの短期間に見せてくれました。
人なつっこく食いしん坊、撫でられるのが最上の喜び。そんな彼女ですが常に静か。シマジローより数段慎重派の彼女は、まだ多くの時間を3段ケージの最上階で過ごしています。
たいへん静かなので、こちらから出向いて彼女の撫でて欲しい欲求を察知しなければなりません。なんてかわいらしい女の子なんでしょうか。
“サイレント(silent)・・・無音、静か”

 

まとめると「2匹とも人なれしているし、あんたもよく知った猫でしょうから」という理由で、「福猫舎(ふくねこや)」の「犬班A。」氏に預かりとして白羽の矢を立てられた私。
まぁたしかに顔見知りだし、自分以外に目を向ける余力が久しぶりに持てた時期でもありますし、シマジローとサイちゃんには家を仮の棲家としてもらうことに決めました。

結果として、こんなに良い猫2匹と過ごす時間をもらえたことに感謝しています。
彼らを保護してくださった「CDCAnatsumint隊」。
そして、彼らの初期医療を施してくださった福猫舎の犬班A。さんに感謝いたします。
ありがとうございました。

 

20171108-KA1_7730

11月8日夕方、郡山市「丘の上ペットクリニック」にて。

 

20171117-KA1_7732

シマジロー鳴く。

 

20171117-KA1_7768

サイちゃんそおっと。

 

20171123-KA2_6418

 

20171123-KA2_6420

 

家に来て2週間。ケージ生活からスタートしてあっさりトイレをマスターした2匹。
今はケージを餌場と寝床にしつつ6畳ほどの部屋で過ごしています。
環境の変化への戸惑いも徐々に消え、リラックスした姿を見せる頻度が増えています。
体調も安定していますし、まずは家猫としての暮らしに馴染む訓練を上手にこなしているように見えます。

シマジローは鳴き、サイちゃんはそおっと過ごす日々。
もう少ししたら里親募集をはじめます。

 

名古屋写真展のお知らせ

 

11月3日(祝・火)より、名古屋で「人が消えた村のねこ~福島県飯舘村の記録~ 上村雄高写真展」がはじまっております。14日(土)にはトークイベントに参加させていただきます。

東海地方でははじめての展示となります。名古屋は原発には馴染みのない土地柄とお聞きしておりますが、飯舘村で猫と犬の身に起こったことを知り、「動物の命の重さ」や災害時に「ペットの命を誰が守るか」を考えるきっかけとしていただければと思います。悲惨な写真はありませんので、安心して足をお運びください。

20140701-20140701-_2NT6936

「人が消えた村のねこ~福島県飯舘村の記録~ 上村雄高写真展」

2011年3月の福島第一原発事故による放射能汚染で、福島県飯舘村の全村民6000人余りはいまだ避難生活を余儀なくされています。
そして、「およそ400匹の猫と200頭の犬が取り残され、飼い主の帰りを待ち続けています」
ニュースでは数字に置き換えられてしまう犬や猫たちも、あなたや私の犬猫と何も変わらぬ存在です。野生動物、飢え、暑さと寒さ、そして放射能。彼らは命の脅威にさらされ続けています。

2012年から4年間に、飯舘村で出会った犬猫の記録。
私たちは彼らに何ができるのか?
私たちの意志と行動で世界は変えられると私は信じています。

2015年11月3日(火・祝)~11月30日(月)
11:30〜20:00(月・水・木・日)
11:30〜22:00(金・土)
Café ChatonRouge カフェ・シャトンルージュ
名古屋市中区丸の内一丁目8-39 HP丸の内ビル1F
http://chaton-rouge.com

 

「人が消えた村のねこ トークイベント」

飯舘村で犬猫の撮影を続ける中で見たこと感じたことをお話したいと思っています。今回展示していない犬の写真も多数ご覧いただく予定です。保護猫カフェ・ネコリパブリック代表の仲眞さん、名古屋の動物愛護団体 NPO法人ファミーユ理事の守随さんもご登壇くださるとのことです。
みなさまのご参加をお待ちしております。

11月14日(土)16:00~17:30(予定) 受付 15:30~

★お一人様 2,000円  ワンドリンク・焼き菓子付き
事前予約が必要です (定員24名)

出 演
仲眞麻花さん(保護猫カフェ・ネコリパブリック代表)
守随智子さん(動物愛護団体 NPO法人ファミーユ理事)
上村雄高(写真家)

下記事項をご記入の上、主催者カフェ・シャトンルージュさまのメールアドレスまでお申し込みください。
viadellagatta8110@ninus.ocn.ne.jp
①お名前
②お電話番号
③ご来店人数

詳細⇒「人が消えた村のねこトークイベント」主催者さまFacebookページ

名古屋のみなさまにお会いできるのを楽しみにしております。

 

 

2日夜に搬入、3日は名古屋で過ごしました。
新幹線で2時間足らずで名古屋、行き先表示の「博多」の文字に恐れを感じてひと眠りもできず…夜なのでせっかくの窓際の魅力も活かせず…

 

 

店内は落ち着いた雰囲気、コーヒーの香りを感じながら猫たちに思いを馳せてください。

20151102-_2NT8293

 

 

在廊の合間に名古屋城を眺めてきました。

20151103-_2NT8416

 

 

みなさまのご来場をお待ちしております。カフェ・シャトンルージュさんでご馳走していただいた「ねこまんま」は美味でした。ぜひお試しください。

20151103-_2NT8350

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。
またのお付き合いを、よろしくお願いいたします。

ふたつのブログランキング参加中です。
バナークリックで応援よろしくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ 人気ブログランキングへ

ゴエモンと再会

 

10月18日(日)に、東京・荒川区のムーブ町屋で開催される「荒川区わんにゃんフォーラム」にて飯舘村の猫の写真「人が消えた村のねこ」を展示させていただきます。

本日は展示の設計図を作っていました。村の風景なども含め50枚以上の展示になります。僕はたまに几帳面です(笑)

tenji

 

マメのストーリー、亡くなった猫たち、今も村で生きる猫たち、そして新たな幸せを掴んだり、一歩を踏み出した猫たち。東京で保護して、先日家族を得た「つる」の写真も展示するかもしれません。
被災地だろうと身近だろうと、人がどう関わるかで猫の運命は変わります。
「かわいそう」「よかった」だけでは終わらない展示にしたいと思っています。

ご都合の会う方はぜひご来場ください。

 

「荒川区わんにゃんフォーラム」

10月18日(日)午前10時から午後4時半
会場 ムーブ町屋4階 会議室B&ギャラリー
入場料 500円

11月15日(日)に開催される「譲渡会★オレンジチャンス」のための荒川区後援のチャリティーイベントです。入場料は経費を除き、すべて譲渡事業の運営費となります。

「荒川区地域猫セミナー」「保護犬保護猫の幸せな出会い」というテーマで講演イベントも開催されます。

詳細は⇒「荒川区わんにゃんフォーラム ☆当日プログラム」(主催者さまのブログ「猫とワイン」)

 

 

さて、先日この方に再会しました。

20151009-_1NT9124

 

 

かつて、飯舘村の隣、川俣町のとある餌場のボスだった「ゴエモン」です。

20140701-_1NT6550

 

 

ゴエモンは現飼い主の「あつこ」さんに見初められ、今年1月に家猫に昇格しました。

高齢で見るからに何かありそうな風情のゴエモンを引き取るまでに、あつこさんは数ヶ月考え悩んだそうです。

ゴエモンの保護には、ボランティアの「日比」さん、「犬班A。」さんが尽力してくださいました。僕はあつこさんの元にゴエモンを連れて行っただけですが、数年来の顔見知り猫の門出に関われてうれしかったのを覚えています。

20150123-_2NT0990

 

 

ゴエモンの運命は人の力で変わりました。

 

おやつ好きは変わりませんが…笑

外の世界にいた頃、ゴエモンはおやつ部だけを狙い皿から皿へ渡り歩いていました。

20151009-_1NT9106

 

 

そして現在。

同室の「シロ太」くん。彼は外で12年生き延びた末に家猫への道へ進んだそうです。

20151009-_1NT9117

 

 

きたきた 笑

20151009-_1NT9115

 

 

飼い主のあつこさんは、猫の保護譲渡活動をされています。

ゴエモンは子猫に優しいおじさん。

このチビさんは、これから里親募集だそうです。

20151009-_1NT9378

 

 

ボス猫時代の張り詰めた空気は消え失せています。

20151009-_1NT9445

 

 

この姿を見ると、かつての境遇がことさら不憫に思えます。

よく生き延びたと思います。

20151009-_2NT6173

 

20151009-_2NT6178

 

20151009-_2NT6221

 

20151009-_2NT6224

 

 

二重あご化…

まぁいいよね…

20151009-_2NT6227

 

 

ゴエモンの日常風景は変わりました。

20151009-_2NT6247

 

ゴエモン、よかったね!

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。
またのお付き合いを、よろしくお願いいたします。

ふたつのブログランキング参加中です。
バナークリックで応援よろしくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ 人気ブログランキングへ

 

横浜でマメの展示をします

 

9月21日(月)~27日(日)まで、横浜・石川町での猫イベントでマメの展示をさせていただきます。
※24日はお休み

マメは原発被災地福島県飯舘村で暮らしていた老猫です。4年近く家族の帰りを待ちわび生き抜いたものの、昨冬の怪我をキッカケに村を離れ、今は東京で新しい家族と暮らしています。

「マメのつぶやき 1200の夜を越えて」

今まさに写真を選び、マメの心境に思いを巡らせています。展示の骨組みはできましたが、まだまだ納得いくレベルに達していません。もうしばらく写真とにらめっこし言葉を探します。

写真展初出の写真が多目になりそうです。また、飯舘村やマメの持つ空気がより伝わるのではないかと、以前から気になっていた写真用紙を使ってみることにしました。

今回は10~15枚ほどの展示です。浅草、渋谷、鹿児島に比べると小さな展示ですが、村で会った犬猫で最もたくさん写真を撮ったマメですから、熱量は高いです。

みなさまのお越しをお待ちしております。

20120527-_ND34944

 

 

ちまじやpresents
第1回『港のネーコ・ネコはま・ネコすき 』

ありそうでなかった横浜の猫イベント。

猫もの作家さんの展示・販売はもちろん。
見て楽しんでいただける企画も同時展示いたします。

ロケーションは、横浜・元町にあるこじんまりとした戸建て風ギャラリー。
周囲には観光スポットや猫スポットも目白押しです。
大型連休中の開催ですので、横浜めぐりを楽しみながらお立ち寄りくださいませ♪
ぜひみなさんお越しくださいませm (=ΦエΦ=) ~

★ご来場者には、ちまじや謹製 横浜の猫スポットmapを差し上げます。
(※イベントFacebookページより抜粋)

■会場
アートギャラリーATHLE(アスレ)
神奈川県横浜市中区石川町1-54-5
JR根岸線・石川町駅 南口(元町口)下車 徒歩5分
http://www.athle.jp/

■会期
2015年9月21日(月)~27日(日)
11:00~19:00
※24日(木)はお休みです。
※最終日のみ17:00まで

詳細はイベントのFacebookページでご覧いただけます
ちまじやpresents 第1回『港のネーコ・ネコはま・ネコすき』

20150831-yokohama

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。
またのお付き合いを、よろしくお願いいたします。

ふたつのブログランキング参加中です。
バナークリックで応援よろしくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ 人気ブログランキングへ

7ヶ月ぶりの再会&展示のお知らせ

 

最近、意外なところでご縁がつながりました。

先日、僕が若かりし頃の会社時代の先輩から、久しぶりにご連絡をいただきまして…

何事かと思いきや、里親募集型猫カフェ「ネコリパブリック東京」さんをやっている方をご紹介くださると。なんと同じ会社出身の方だそうで…全くの畑違い方向からのご縁に少々驚きました。

というのも、以前よりネコリパブリック東京に行きたいと思っていたのです。そこには飯舘村出身の「稲穂」くんが暮らしています。稲穂くんは、僕が保護した「米太郎」と「いね」の親戚です。米といねがいたお宅の数軒となりを餌場にしていました。

米太郎と似ていますね!

20150823-1NT_4675

 

 

ぼく、こめたろうです

20150314-_2NT3453

 

 

稲穂くんは今年5月まで、福島県飯舘村で暮らしていました。他の猫を狙って仕掛けられた捕獲箱に入ったことから、彼の運命は動き始めました。

20141130-_2NT7166

 

 

彼の故郷に明るい未来は見えていません。少なくとも僕の目にはそう映ります。

20150524-_1NT5704

 

 

稲穂くんの暮らしていた庭。

20150602-_2NT7735

 

 

猫には生きづらい時間が流れています。人が運ぶフードが命綱ですが、野生動物に奪われることも少なくありません。猫が野生動物に襲われることもあります。飯舘村に暮らす飼い主のいない猫の行く末は見えています。

20141130-_2NT7170

 

 

東京にきて3ヶ月ほどで、稲穂くんは触れる猫に成長していました。社会の片隅で名も無き猫として消えずに、彼はこれから出会う家族の宝物になる日を待っています。

稲穂くんに手を差し伸べた方たちを僕は存じ上げています。みなさまの行動に敬意を表します。

 

一匹の猫の世界が変わったとしても、私たちの社会が微動だにしないのは承知しています。

しかし、一匹の猫が誰かを変えるきっかけになるかもしれません。細部を疎かにしていいとも思いません。できることは限られていても目の前にあります。

稲穂くんのがんばりに報いるためにも、僕は彼の通ってきた道をみなさんにお伝えしたいと思っています。

20150823-1NT_4811

 

 

というわけで、ネコリパブリック東京さんのご厚意で9月中旬以降に稲穂くんの写真を展示させていただくことになりました。ただいま鋭意準備中です。

11953120_503751729794034_6910961461704573284_n

■「第一回 ねこまつり at 湯島 ~猫でつなぐ湯島のまち~」

期間:2015年9月18日(金)~27日(日)

猫が似合うまち、下町情緒漂う湯島の片隅 清水坂の店舗が協力して行う猫ざんまいな10日間。
シルバーウィークはぜひ湯島で「見る・買う」「体験する」「食す」、猫ざんまいな休日をお楽しみください!
(第一回 ねこまつり at 湯島 ~猫でつなぐ湯島のまち~ Facebookページより抜粋)
http://www.facebook.com/events/867167379998569/

 

 

ネコリパブリック東京さんで家族との出会いを待つ猫たち

20150823-1NT_4890

 

20150823-1NT_4744

 

20150823-1NT_4772

 

20150823-1NT_4945

 

 

9月は横浜でも展示をします。

詳細はまた後日。

20150831-yokohama

 

 

まるまるとうたのことも書きたいし…

飯舘村にも行きたいな…

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。
またのお付き合いを、よろしくお願いいたします。

ふたつのブログランキング参加中です。
バナークリックで応援よろしくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ 人気ブログランキングへ