猫撮る

シマジローとサイちゃん

 

色々書くべきことがありますが、ひとまず脇に。

2017年11月9日未明に我が家にチェックインした福島県飯舘村で保護された2匹の猫のお話を。

20140218-20140218-1NT_9847

「シマジロー」
飯舘村では「シマ」あるいは「ムギ」と呼ばれていました。
家にはすでに「むぎ」がいますし、シマの2文字では名は体を表すには至らず。
人なつっこさ、飄々とした様、アピールの強さ、食欲など各種スペックが、明らからに縞々柄だからシマに収まりきらず、イチローでもサブローでもないなんとなく漂うジロー感をプラスしました。

 

20140817-20140817-_1NT9388

「サイちゃん」
飯舘村では完全野良猫にジャンル分けされていた彼女。名前はずっとありませんでした。
僕は「クロ(仮)」としていました。しかし、彼女もまた黒いからクロには収まりきらない良い味を、家に来てからの短期間に見せてくれました。
人なつっこく食いしん坊、撫でられるのが最上の喜び。そんな彼女ですが常に静か。シマジローより数段慎重派の彼女は、まだ多くの時間を3段ケージの最上階で過ごしています。
たいへん静かなので、こちらから出向いて彼女の撫でて欲しい欲求を察知しなければなりません。なんてかわいらしい女の子なんでしょうか。
“サイレント(silent)・・・無音、静か”

 

まとめると「2匹とも人なれしているし、あんたもよく知った猫でしょうから」という理由で、「福猫舎(ふくねこや)」の「犬班A。」氏に預かりとして白羽の矢を立てられた私。
まぁたしかに顔見知りだし、自分以外に目を向ける余力が久しぶりに持てた時期でもありますし、シマジローとサイちゃんには家を仮の棲家としてもらうことに決めました。

結果として、こんなに良い猫2匹と過ごす時間をもらえたことに感謝しています。
彼らを保護してくださった「CDCAnatsumint隊」。
そして、彼らの初期医療を施してくださった福猫舎の犬班A。さんに感謝いたします。
ありがとうございました。

 

20171108-KA1_7730

11月8日夕方、郡山市「丘の上ペットクリニック」にて。

 

20171117-KA1_7732

シマジロー鳴く。

 

20171117-KA1_7768

サイちゃんそおっと。

 

20171123-KA2_6418

 

20171123-KA2_6420

 

家に来て2週間。ケージ生活からスタートしてあっさりトイレをマスターした2匹。
今はケージを餌場と寝床にしつつ6畳ほどの部屋で過ごしています。
環境の変化への戸惑いも徐々に消え、リラックスした姿を見せる頻度が増えています。
体調も安定していますし、まずは家猫としての暮らしに馴染む訓練を上手にこなしているように見えます。

シマジローは鳴き、サイちゃんはそおっと過ごす日々。
もう少ししたら里親募集をはじめます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Get Adobe Flash player