月別アーカイブ: 2018年2月

親子犬チャコ、マリ、シロ

「マリ」
2018.2.22 福島県飯舘村

母と兄弟と3頭で暮らすマリ。
飼い主とボランティアの週数回ずつの訪問を心待ちにしています。
人の姿を見て立ち上がり、激しく吠え、リードをグイグイ。
しかし、この日長目の散歩を終えご飯を食べると、穏やかな眼差しに。
私の腕に頭を預けてきました。
前日のボランティアに続いての私の訪問。自由に歩き回り、温かいご飯を食べる、たったそれだけの積み重ねが彼の心をいっときではあっても鎮めたのだろうと思います。
犬たちには人が必要です。

『Call my name 原発被災地の犬猫たち』

 

続きを読む

ひょこ猫とりぼん

2012.4.7 福島県飯舘村

被災地でも思わず頬が緩む瞬間があります。
飯舘村に暮らす猫たちも、私たちの家族である犬猫と同じように愛嬌たっぷり。

ここには複数の猫が暮らしていましたが、老夫婦の一時帰宅がままならなくなり保護されました。
6年7年は短い時間ではありません。飼い主と犬猫の離別は、様々な形で訪れています。

『Call my name 原発被災地の犬猫たち』

 

続きを読む

チャッピーとシマジロー

「チャッピー」
2012.5.1 福島県飯舘村

飯舘村で出会った犬猫たちも は、ひとつひとつ異なる個性を持った命です。
当たり前のことですが…
たくさんとか、200頭とかの言葉に置き換えられると、どうしてもひとつひとつの命がぼやけてしまうように感じます。
犬猫たちの名前を、彼らがどんな顔をしてどんな表情をして、そんなことを伝えられたらと思っています。
彼らも私たちの家族である犬猫となんら変わらぬ存在と実感してもらえたらと。

チャッピーは、人を見るとうれしくて走り回ります。
ご飯よりも人に飛びついてきます。
犬たちは、どれだけ孤独を積み重ねても、人に向かってきます。
私たちの社会は、彼らにちゃんと向き合えてるのだろうかと思うことがあります。

『Call my name 原発被災地の犬猫たち』

 

続きを読む

やまとクルッポ

『Call my name 原発被災地の犬猫たち』のInstagram投稿への、たくさんの「いいね」ありがとうございます。

今年は、2月の鹿児島「ねこどん」写真展への参加を皮切りに、4月5月には東京で展示を予定しております。以降も、発表の場を作っていけたらと考えております。
もうすぐ東日本大震災、原発事故から7年になります。
私には、復興の文字は霞んだままに見えます。
犬猫で言えば、新しい家族を求めているものがあふれています。現地に残されたものも少なくありません。

写真展のたびに、被災地の犬猫についてはじめて知ったという方に声をかけていただきます。
私は、被災地の犬猫をきっかけに、私たちの社会における動物の問題に視野が広がりました。
出会ったたくさんの方に、たくさんのことを教えていただきました。
だからこそ、自分も見たこと知ったことを伝えたいと今改めて考えています。

 

「やま」2012.3.24 福島県飯舘村

人の姿にフードにリードに、犬たちははしゃぎます。
彼らの仕草や行動は愛嬌に満ちています。
みんな愛されるに相応しい輝きを持った存在。

 

続きを読む

6年前のはじまり

昨日2月19日にInstagramに投稿したのですが、6年前2012年のこの日に僕の飯舘村での犬猫撮影がはじまりました。以下、Instagramへの投稿を掲載します。

 

2012.2.19 福島県飯舘村

6年前の今日、私は飯舘村の犬猫を撮りはじめました。
原発事故からおよそ1年の頃です。
村内に人影はなく、時折パトロールする警察と村民自警団の車両を見かけるだけ。
車内のガイガーカウンターは、まるで恐怖を煽るようにアラーム音を発し続けていました。

自警団の方に教えてもらった犬のいる家。
山の上は大雪。
犬たちは、スキンシップとフードを求めて必死に訴えてきました。

飼い主は数日ごとに犬の世話のため村に戻っているケースが大半。犬たちは、退屈や空腹を抱え、寒さや野生動物の脅威と向き合っていました。

 

雪の中、つながれた犬たちとの出会いが、以降現在まで飯舘村の犬猫とかかわるきっかけとなりました。

 

続きを読む