日別アーカイブ: 2018年1月13日

18/1/1 飯舘村犬猫レポート 後編

さあ、午後は犬の部ですwan.

 

20180101-KA1_0708
「ミッキー」との付き合いはもう5年、もはや友達(と僕は思ってる)。数年前マイナス10℃を共に散歩したのが思い出。

 

20180101-KA1_0719

20180101-KA1_0730
ポッケにおやつがあるのを知っているのだよね。

 

20180101-KA1_0751

20180101-KA1_0775

20180101-KA1_0792
40分ほど散歩しました。
寒風も雪道もへっちゃらさんなんだね、いいですね。

できることがあまりにも限られていて、心苦しいです。

 

20180101-KA1_0676
「ダディ」との付き合いも5年。もはや友達(と僕は思ってる)。
以前、僕のダウンをおもちゃにして破いたのは、もう忘れている目だな。

 

20180101-KA1_0810

20180101-KA1_0823

20180101-_A1_0847

20180101-KA1_0857
「帰ってなにか食べようかな」
15分くらいでダディは回れ右。きっと僕の太もも筋を気遣ってくれたのですね。

 

20180101-KA1_0863
いい子です。また会いに行きます。

はじめて来た日、ここにはミッキーとダディのほかにも2頭いました。
原発事故からもうすぐ7年。避難指示が解除されたとは言え帰還率は1割未満。
以前の暮らしを取り戻すことなく寿命や病気で亡くなった犬猫は少なくありません。
6年7年は、犬猫にとって決して短くない時間です。

原子力災害…核の被害は根深いです。

原子力発電の是非を考えるとき、僕はまず多くの被害者の暮らしが破壊されたままであることを想います。欧米ではすでに原発の経済合理性が否定され、企業が手を引きはじめています。
戦争の足音が聞こえはじめました。もし原発を攻撃されたら?

続きを読む