家の猫」カテゴリーアーカイブ

やまとクルッポ

『Call my name 原発被災地の犬猫たち』のInstagram投稿への、たくさんの「いいね」ありがとうございます。

今年は、2月の鹿児島「ねこどん」写真展への参加を皮切りに、4月5月には東京で展示を予定しております。以降も、発表の場を作っていけたらと考えております。
もうすぐ東日本大震災、原発事故から7年になります。
私には、復興の文字は霞んだままに見えます。
犬猫で言えば、新しい家族を求めているものがあふれています。現地に残されたものも少なくありません。

写真展のたびに、被災地の犬猫についてはじめて知ったという方に声をかけていただきます。
私は、被災地の犬猫をきっかけに、私たちの社会における動物の問題に視野が広がりました。
出会ったたくさんの方に、たくさんのことを教えていただきました。
だからこそ、自分も見たこと知ったことを伝えたいと今改めて考えています。

 

「やま」2012.3.24 福島県飯舘村

人の姿にフードにリードに、犬たちははしゃぎます。
彼らの仕草や行動は愛嬌に満ちています。
みんな愛されるに相応しい輝きを持った存在。

 

続きを読む

Tシャツがきた日

Tシャツが届いていた、昨日。
Tシャツの写真を撮った、今日。

ユニクロUTme!の猫グラフィックTシャツ。
スマホで簡単にTシャツをデザインでき、自分でも買えるし販売もできます。
ユニクロのTシャツは久しぶり、結構肉厚で滑らかな生地。
インクジェットプリントは、想像以上に細かい表現ができるんですね!

FacebookでUさんが買って下さると言ってくださったので、商品を見てほっとしたのでした。

 

そして、さらにTシャツの種類を増やしました。

 

続きを読む

その顔!

飯舘村からやってきた「サイ」ちゃん。
掻きむしり傷が良くなり、エリマキ生活を卒業しました。

サイちゃんは、僕の仕事部屋でほとんどの時間過ごしています。
たまに猫部屋に行きます。猫部屋に宿泊したこともあります。
サイちゃんの自由意志にまかせています。
ただ、どうやら人のそばが好きなようです。
キーボードとモニタの間で眠ることが多々あり、邪魔です。
布団にも入ってくるし、僕の顔に鼻水や涙をスリスリもしてきます。
当初よりしゃべるようにもなりました。要求と抗議。

だいぶ家になじんできたサイちゃん、先日はじめてスタジオに長時間滞在しました。
どうやら僕の後をついてきたようです。
かわいいですね。

 

続きを読む

招福魔除け猫Tシャツ

突然ですが、Tシャツの販売をはじめました。

毎年、4~5枚くらい白いTシャツを買っているので、自分で使おうというのがきっかけです。
ユニクロの「UTme!」というやつですが、スマホにアプリを入れると簡単にTシャツのデザインができます。
フォトショップやイラストレーターで、印刷データをつくってどうのこうがなく、気軽に作れていいですね。

家の「むぎ(キジトラ)」「のりこ(黒猫)」の2デザイン。自分が本当に着るので、奇抜さは求めずこの2枚を選びました。5日くらいで届くそうなので楽しみです!

 

 

おっさんである自分が着ても、ギリギリOK(にする)なようにモノクロです。
フィルム写真のような質感のカラーにしたり、猫を切り抜いた入り、文字を入れたりしてみたのですが、最終的にシンプルなところに落ち着きました。

 

続きを読む