写真展」カテゴリーアーカイブ

写真展「Call my name 原発被災地の犬猫たち」のお知らせ

今年も「ねこ専」作品展で、「Call my name 原発被災地の犬猫たち」の展示をさせていただきます。4月10日から東京・渋谷で開催です。

「原発事故の影響で全村避難となった福島県飯舘村には、およそ200の犬と400の猫が取り残され飼い主の帰りを待ちわびています」
ニュースでは数字に置き換えられてしまう犬猫たちも、一頭一頭が私たちの傍らで暮らす犬猫と何ら変わらぬ存在です。飼い主の避難前、彼らは毎日名前を呼ばれ暮らしていました。

私たちの国には、すでに原発事故などなかったかのような時間が流れています。
しかし、飯舘村は避難指示解除となったものの、帰村した方は1割程度。
かつての姿は見る影もありません。
そして、7年の間に多くのものが失われました。

それでも、犬猫たちは命を輝かせています。

原発事故の被災地で暮らす犬猫が、どのような存在であるか。彼らに何が起こったのか、私たちに何ができるのか、お伝えできればと思います。

この写真展を前に、2012年から撮りためた写真をすべて見返して、今伝えたい展示内容を作りました。結果的に同じ写真となったものもありますが、大幅に写真を入れ替える予定です。
これまで展示をご覧いただいた方も、はじめての方も会場にぜひ足をお運びください。
期間中は、今のところ全日会場にいる予定です。
たくさんの方にご来場いただけましたら、うれしいです。

 

上村雄高写真展示 in ねこ専
『Call my name 原発被災地の犬猫たち』

2018年4月10日(火)~15日(日)
11時~19時(最終日16時まで)
渋谷ギャラリー・ルデコ 5F
東京都渋谷区渋谷3-16-3 髙桑ビル

JR渋谷駅新南口から徒歩1分。
JR渋谷駅東口から徒歩5分。
東横線・副都心線渋谷駅【16b】出口から徒歩3~4分。

 

写真展『Call my name 原発被災地の犬猫たち』in ねこ専・渋谷

久しぶりの写真展示のお知らせです。

ネコ写真家の合同写真展「ねこ専」(主催 五十嵐健太さん)にて、

『Call my name 原発被災地の犬猫たち』

の展示をします。
福島県の原発被災地、主に飯舘村で出会った犬と猫の写真を24枚。

2014年、浅草の「ギャラリー・エフ」さんで開催して以来のCall my name。

「放射能汚染の影響で、全村民が避難した福島県飯舘村には、およそ200の犬と400の猫が取り残され飼い主の帰りを待っています」
ニュースでは数字に置き換えられてしまう犬猫たち。しかし、その一頭一頭には名前があり、家族との暮らしがありました。

展示の最初に伝えたい言葉は、2014年と変わりません。

時間がたち、私たちの記憶は薄れつづけています。
しかし、現地で生きる犬猫には、ずっと現実です。
そして、彼らは私たちの家族である犬猫と同じいのちです。
このまま通り過ぎるには、あまりにも多くのものが失われ続けています。

今回の展示が、ひとりでも多くの方に届き、いのちや原発について改めて考え行動するきっかけにしていただければ、うれしく思います。

 

kanban

 
猫の合同写真展 ねこ専

日程:2017年7月4日(火)から16日(日)※10日(月)休み
時間:11時から19時(最終日は17時まで)
場所:ギャラリールデコ 3階・4階
東京都渋谷区渋谷3-16-3
入場料:300円

 

■上村在廊予定日
7月
4日(火)・5日(水)・8日(土)15時頃~・9日(日)
11日(火)・12日(水)・13日(木)・15日(土)・16日(日)

しばらく仕事以外で人に会う機会もなく、引きこもっていたので、久しぶりにみなさまと会えるのを楽しみにしております。
ご来場を心よりお待ちしております。

 

マメ、台湾へ 飯舘村犬猫写真展スタート

 

台湾での飯舘村の犬猫の写真展がはじまりました。
「マメ」が台湾の街並みに佇んでいます。

12696734_10208507779673923_1252135132_o

 

12699006_10208507779753925_199850126_o

 

2014年の浅草での写真展「Call my name」には台湾からも、たくさんの方が来てくださいました。
今回の写真展を作ってくれた「サイ」さんもそのお一人です。

台湾では2015年に反原発世論の高まりを受け、新原発の建設が凍結された経緯があります。
福島の事故が台湾の方に与えたインパクトは大きかっただろうと想像できます。
社会情勢もあり、多くの台湾の方が福島に関心を寄せてくださったのだと思います。

会場の「no.18 skyisland」は、先日大地震に襲われた台湾南部の高雄市にあります。
ニュースでも伝えられている通り、震源地の高雄市よりも、古い町並みの残る隣街・台南市で大きな被害がでているそうです。

東日本大震災後、台湾の多くの方が日本の被災地を心配し、多額の義援金を送ってくださいました。
私たち日本人もその時の感謝と、被災した方や街の一日も早い復興への願いを込めて恩返しがしたいですよね。

福島への寄付では、使途に首をひねらざるを得ない義援金もあったようです。
自分の気持ちとお金が、義援金を必要としている人にちゃんと届くように、ニュースやネットで広まった情報を鵜呑みにするのではなく、自分が納得のいく送金先を探したいと思います。

参考までにですが、今のところ台南市の友好都市である石川県加賀市の義援金振込み口座への送金を考えています。

 

12736604_10208507780233937_1210364902_o

 

マメやおたべ、稲穂たちがしおりになりました。

12696484_10208507782834002_2055299999_o

 

ポストカードについてくる、ネコ型のカードがかわいいと思います!

12695596_10208507783154010_694755488_o

 

欲しい感をうっすら漂わせたところ、サイさんが送ってくれるそうです!

12736484_10208507811994731_2131132295_o

写真はすべてサイさんご提供。私のブログのために撮り下ろしてくださいました。

 

私は、飯舘村での撮影を通じて、強く思うようになったことがあります。
それは台湾、日本に限らず世界中で実現されて欲しいことです。

・福島と同じことが繰り返されて欲しくない。

・動物たちの命が重んじられる社会にしたい。

マメ、うた、ゴエモン、すでに亡くなってしまった小春やお富士、みんなの力を借りて、微力でも牛歩でも自分の思う活動を続けていきたいと思っています。

 

上村雄高写真展
「Call my name Cats and dogs in Fukushima」
2016.2.10 → 4.5

no.18 skyisland
80044 高雄市新興區文橫二路121巷22號
水~日 13:00~20:00

Facebookページ 上村雄高「Call My Name」日本福島犬貓紀錄展

 

 

台湾に行きたいな。
日本語通じるかな。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。
またのお付き合いを、よろしくお願いいたします。

ふたつのブログランキング参加中です。
バナークリックで応援よろしくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ 人気ブログランキングへ

名古屋写真展のお知らせ

 

11月3日(祝・火)より、名古屋で「人が消えた村のねこ~福島県飯舘村の記録~ 上村雄高写真展」がはじまっております。14日(土)にはトークイベントに参加させていただきます。

東海地方でははじめての展示となります。名古屋は原発には馴染みのない土地柄とお聞きしておりますが、飯舘村で猫と犬の身に起こったことを知り、「動物の命の重さ」や災害時に「ペットの命を誰が守るか」を考えるきっかけとしていただければと思います。悲惨な写真はありませんので、安心して足をお運びください。

20140701-20140701-_2NT6936

「人が消えた村のねこ~福島県飯舘村の記録~ 上村雄高写真展」

2011年3月の福島第一原発事故による放射能汚染で、福島県飯舘村の全村民6000人余りはいまだ避難生活を余儀なくされています。
そして、「およそ400匹の猫と200頭の犬が取り残され、飼い主の帰りを待ち続けています」
ニュースでは数字に置き換えられてしまう犬や猫たちも、あなたや私の犬猫と何も変わらぬ存在です。野生動物、飢え、暑さと寒さ、そして放射能。彼らは命の脅威にさらされ続けています。

2012年から4年間に、飯舘村で出会った犬猫の記録。
私たちは彼らに何ができるのか?
私たちの意志と行動で世界は変えられると私は信じています。

2015年11月3日(火・祝)~11月30日(月)
11:30〜20:00(月・水・木・日)
11:30〜22:00(金・土)
Café ChatonRouge カフェ・シャトンルージュ
名古屋市中区丸の内一丁目8-39 HP丸の内ビル1F
http://chaton-rouge.com

 

「人が消えた村のねこ トークイベント」

飯舘村で犬猫の撮影を続ける中で見たこと感じたことをお話したいと思っています。今回展示していない犬の写真も多数ご覧いただく予定です。保護猫カフェ・ネコリパブリック代表の仲眞さん、名古屋の動物愛護団体 NPO法人ファミーユ理事の守随さんもご登壇くださるとのことです。
みなさまのご参加をお待ちしております。

11月14日(土)16:00~17:30(予定) 受付 15:30~

★お一人様 2,000円  ワンドリンク・焼き菓子付き
事前予約が必要です (定員24名)

出 演
仲眞麻花さん(保護猫カフェ・ネコリパブリック代表)
守随智子さん(動物愛護団体 NPO法人ファミーユ理事)
上村雄高(写真家)

下記事項をご記入の上、主催者カフェ・シャトンルージュさまのメールアドレスまでお申し込みください。
viadellagatta8110@ninus.ocn.ne.jp
①お名前
②お電話番号
③ご来店人数

詳細⇒「人が消えた村のねこトークイベント」主催者さまFacebookページ

名古屋のみなさまにお会いできるのを楽しみにしております。

 

 

2日夜に搬入、3日は名古屋で過ごしました。
新幹線で2時間足らずで名古屋、行き先表示の「博多」の文字に恐れを感じてひと眠りもできず…夜なのでせっかくの窓際の魅力も活かせず…

 

 

店内は落ち着いた雰囲気、コーヒーの香りを感じながら猫たちに思いを馳せてください。

20151102-_2NT8293

 

 

在廊の合間に名古屋城を眺めてきました。

20151103-_2NT8416

 

 

みなさまのご来場をお待ちしております。カフェ・シャトンルージュさんでご馳走していただいた「ねこまんま」は美味でした。ぜひお試しください。

20151103-_2NT8350

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。
またのお付き合いを、よろしくお願いいたします。

ふたつのブログランキング参加中です。
バナークリックで応援よろしくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ 人気ブログランキングへ

ほご猫日記 2015/10/19 浮足舌出し&荒川写真展終了

 

10月18日(日)に、荒川区のムーブ町屋で開催された「荒川区わんにゃんフォーラム」での写真展が無事に終わりました。短い時間の展示でしたが100名以上の方にご覧いただけました。ご来場くださったみなさま、ありがとうございました。

イベント主催の「With」メンバーのみなさま、会場のスタッフの方にも大変お世話になりました。ありがとうございました。

展示の様子をご紹介いたします。ムーブ町屋4Fギャラリーは明るく広いすばらしい会場でした。展示の様子をご紹介させていただきます。

20151018-_1NT0119

 

20151018-_MG_6098

 

20151018-_1NT0134

 

20151018-_1NT0135

 

20151018-_MG_6065

 

20151018-_1NT0112

 

20151018-_1NT0114

 

20151018-_MG_6088

 

20151018-_MG_6091

 

20151018-_MG_6092

 

20151018-_MG_6123

 

20151018-_MG_6131

 

20151018-_MG_6115

 

 

写真展の日はまるまる一日放置された「まるまる」と「うた」ですが、上手に留守番をしていたようです。彼らが成熟した猫であるのはうたがいようがありません。

 

うたの最近のお気に入りスポット。「つる」の運動会から避難したのをきっかけにハマったようです。

 

あしういてるの

20151015-_1NT9912

 

 

ぼくもだよ

20151015-_1NT9979

 

 

しょくごなの

20151015-_1NT9900

 

 

ぼくはまだまだいけるよだよ

20151015-_1NT0029

 

 

まるまるも食後です!

20151015-_1NT0034

 

 

まるまるとうたは、二匹だけで過ごす時間が長いです。大人猫なので与えられた環境に不満は持っていないかもしれません。かつては、二匹とも生きづらさを抱えていましたから。しかし、僕が考える彼らの幸せは保護部屋にはありません。保護部屋に行くと、二匹で僕に寄ってくるのは彼らが人との時間を欲している現れだと思います。いろいろテキパキやって彼らの幸せ探しもしっかりやります。

20151015-_1NT0040

 

20151015-_1NT0037

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。
またのお付き合いを、よろしくお願いいたします。

ふたつのブログランキング参加中です。
バナークリックで応援よろしくお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ 人気ブログランキングへ