投稿者「nekotoru」のアーカイブ

代官山春花祭・写真展のお知らせ

写真展「Call my name 原発被災地の犬猫たち」in 代官山春花祭

5月3日(木)~5日(土)
11~17時
会場:株式会社サイバード会議室
東京都渋谷区猿楽町10-1 マンサード代官山2F
東急東横線 代官山駅 徒歩4分

代官山春花祭に、初参加させていただくことになりました。

太田康介さん「やさしい ねこ」うちのぽー
希望の牧場さん「皆んなが撮った被ばく牛と牛飼い~希望の牧場・ふくしまフォトコンテスト&バザー2018~」
とご一緒させていただきます。

私は全日在廊予定です。

原発被災地・福島県飯舘村に残された犬猫たちの記録。
彼らの命の輝きをお伝えできればと思っております。

ぜひご来場ください。

モレラ岐阜・写真展のお知らせ

すでにはじまっておりますが…

モレラ岐阜で「Call my name 原発被災地の犬猫たち」の展示をさせていただきます。
五十嵐健太さん「飛び猫写真展」内での合同展示です。
沖昌之さん「必死すぎるネコ」、明日葉さん「 エーゲ海のねこ シエスタの町から」の展示もあります。

『飛び猫写真展』
会場:
モレラ岐阜
岐阜県 本巣市三橋1100
会期:4月29日(日)~5月6日(日)
11~18時
料金:一般400円、小・中学生200円(税込)※6歳未満無料

 

4月28日のお昼ごろから夜まで、イベント会社の方と沖さんと一緒に展示作業をし、翌29日の初日は在廊しました。
28日の朝早く自宅を出発の行程だったものの、前日遅くまでやることがあり・・・・・・
寝坊を恐れて寝ずに出発。新幹線でも「広島行」の文字にビビり目をつむることができず・・・・・・

後で聞いたら、沖さんもまったく同じ道をたどっていたようです。

で、夕方までにほぼ力を出し尽くし、夜まで余力を絞っての展示。

が、ここからいいことがたくさん!

宿近くの「や台ずし」での夕食が、とても美味、かつフロア担当の松尾さんがよい子でした。
ごちそうさまでした。

29日の朝は少し遅刻してしまいましたが、展示の最終調整を終え、無事に展示スタート!

18時のクローズまで、お客さま途切れず!
人の往来の多いショッピングモールですので、多くは現地での宣伝をご覧になったお客様でしたが、中には「Twitterを見てきました」と話しかけてくださった方や、渋滞にも負けず2~3時間かけて来てくださった方も。
足を止めて熱心に私の展示をご覧くださる方もたくさんいて、一気に100%良い思い出に変わりました。とはいえ、歳なので疲れはふっとびません。

イベント会社の方たちもとても親切で熱心で勉強にもなりました。
ありがとうございました。

そして、大垣駅とモレラ岐阜駅の往復で乗車した「樽見鉄道」が素敵でした。

写真展「Call my name 原発被災地の犬猫たち」のお知らせ

今年も「ねこ専」作品展で、「Call my name 原発被災地の犬猫たち」の展示をさせていただきます。4月10日から東京・渋谷で開催です。

「原発事故の影響で全村避難となった福島県飯舘村には、およそ200の犬と400の猫が取り残され飼い主の帰りを待ちわびています」
ニュースでは数字に置き換えられてしまう犬猫たちも、一頭一頭が私たちの傍らで暮らす犬猫と何ら変わらぬ存在です。飼い主の避難前、彼らは毎日名前を呼ばれ暮らしていました。

私たちの国には、すでに原発事故などなかったかのような時間が流れています。
しかし、飯舘村は避難指示解除となったものの、帰村した方は1割程度。
かつての姿は見る影もありません。
そして、7年の間に多くのものが失われました。

それでも、犬猫たちは命を輝かせています。

原発事故の被災地で暮らす犬猫が、どのような存在であるか。彼らに何が起こったのか、私たちに何ができるのか、お伝えできればと思います。

この写真展を前に、2012年から撮りためた写真をすべて見返して、今伝えたい展示内容を作りました。結果的に同じ写真となったものもありますが、大幅に写真を入れ替える予定です。
これまで展示をご覧いただいた方も、はじめての方も会場にぜひ足をお運びください。
期間中は、今のところ全日会場にいる予定です。
たくさんの方にご来場いただけましたら、うれしいです。

 

上村雄高写真展示 in ねこ専
『Call my name 原発被災地の犬猫たち』

2018年4月10日(火)~15日(日)
11時~19時(最終日16時まで)
渋谷ギャラリー・ルデコ 5F
東京都渋谷区渋谷3-16-3 髙桑ビル

JR渋谷駅新南口から徒歩1分。
JR渋谷駅東口から徒歩5分。
東横線・副都心線渋谷駅【16b】出口から徒歩3~4分。

 

「原発事故7年、被災地の犬や猫たちはいま…」テレビ出演

3月5日の日本テレビ「Oha4! NEWS LIVE」で「原発事故7年、被災地の犬や猫たちはいま…」が放送になりました。

3月2日に、飯舘村へ同行取材いただいた最新の映像です。
番組動画は、「日テレ24NEWS」のWebサイトでご覧いただけます。

ぜひご覧になり、いま一度原発被災地へ想いと関心を向けていただけましたら、うれしく思います。

「原発事故7年、被災地の犬や猫たちはいま…」

親子犬チャコ、マリ、シロ

「マリ」
2018.2.22 福島県飯舘村

母と兄弟と3頭で暮らすマリ。
飼い主とボランティアの週数回ずつの訪問を心待ちにしています。
人の姿を見て立ち上がり、激しく吠え、リードをグイグイ。
しかし、この日長目の散歩を終えご飯を食べると、穏やかな眼差しに。
私の腕に頭を預けてきました。
前日のボランティアに続いての私の訪問。自由に歩き回り、温かいご飯を食べる、たったそれだけの積み重ねが彼の心をいっときではあっても鎮めたのだろうと思います。
犬たちには人が必要です。

『Call my name 原発被災地の犬猫たち』

 

続きを読む